<< 日本美容外科学会JSASとJSAPS | main | F35A墜落の原因は? >>

百年安心の意味

 老後の生活費が年金では2000万円足りなくなるという金融庁の報告書で、再び「百年安心」がクローズアップされています。「百年安心」は言うまでもなく自公政権による年金改革のキャッチフレーズで、改革の中身は知らなくてもこの言葉だけは覚えている人も多いでしょう。百年安心と言われれば100年生きても安心して年金で生活できる、あるいは今後100年は安心して生活できる年金制度が存続すると言った印象を受けるでしょう。実際、そういう「印象操作」のため政権はこのキャッチフレーズを使っていたと思いますが、老後資金が30年で合計2000万円足りなくなるので若いうちから投資をしなさいという金融庁の報告書で「百年安心」は嘘だったのかと言う話になっています。参議院決算委員会での論戦で安倍首相は蓮舫議員の追及を受けてマクロ経済スライドを説明して反論していましたが、図らずも「百年安心」の本当に意味を暴露してしまいました。マクロ経済スライドは現役世代の賃金が下がれば年金支給額を下げ、賃金が上がっても支給額の上昇率を抑えて支給額を抑制し年金財政が破たんしないようにする制度で、「百年安心」は安心して生活できる年金を100年保障するのではなく、支給額を抑制して制度が存続することを100年保証するということのようです。

 野党の批判を受けて安倍政権は金融庁の報告書の表現が不適切だったと言っていますが、2000万円は統計から単純に算出した数値で正直に書いただけです。不適切とすれば2000万円の蓄えが必要としたことではなく、その手段として投資を呼びかけたことでしょう。参議院選挙の前に安倍政権のキャッチフレーズによる印象操作に注意が必要と分かっただけでも金融庁の報告書は有用だったのではないでしょうか。

 ところが、麻生大臣はこの報告書を受け取らない暴挙に出ました。報告書は金融担当相を兼務している麻生財務大臣が諮問した金融審議会の作業部会がまとめたもので、政権に都合が悪ければ受け取らないのであれば、諮問機関はお飾りで結論ありきの報告書をアリバイ作りのために作らせていると言っているようなものです。報告書の内容が政権の考えと違うのであれば、報告書は受け取ったうえで説明し、政策には反映させないと表明すればよいだけです。報告書を受理しなくても参議院選挙の争点になることには変わりません。

at 06:42, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1673