<< 百年安心の意味 | main | 香港学生にエール >>

F35A墜落の原因は?

 墜落して海中に沈んだF35A戦闘機、事故の原因についてパイロットの空間識失調である可能性が高いとの調査結果が公表されました。機密だらけの最新鋭機、機体には異常がなかったとの結論のようですが、事実でしょうか。事故の原因をパイロットのミスにすれば機体について米国企業や米国政府に注文を付ける必要もなく、自衛隊にある同型機の飛行再開も可能、追加購入も問題なしとなり、防衛省にとっては都合の良い結果でしょう。しかし、パイロットの操縦ミスであれば、なぜミスを誘発したのか、なぜ人命が守れなかったのかについても飛行再開の前に慎重に検討すべきです。再び事故が起きれば、貴重な自衛隊員の人命を失うだけでなく墜落場所によっては、犠牲者が増える可能性もあります。機体の異常については慎重な調査が必要です。

 機体に異常がないというのが事実であれば操縦ミスと考えやすいですが、可能性だけであればパイロットが故意に行った、すなわち自殺したということも考えられます。仮に自衛隊員を自殺に追い込むような環境があったのであれば解明し改善すべきです。真相は分かりませんが、いずれにせよ貴重な人命が失われたことを教訓とできるよう慎重な調査検討が必要でしょう。

at 07:21, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1672