<< メキシコの交渉術 | main | 百年安心の意味 >>

日本美容外科学会JSASとJSAPS

 美容外科の被害について日本美容外科学会(JSAS)が設けている窓口にメールで相談したら、相談内容が施術した病院に筒抜けになっていたという問題を伝える新聞報道に「形成外科医らによる日本美容外科学会(JSAPS)とは別団体。」との一文があり、混乱しました。JSASとJSAPSの違いはすぐに分かりましたので、日本語もどこか違っているだろうと見比べましたが一文字も違いはありません。同名の学会が二つ存在するという大変ややこしい状態かと思いホームページを確認しました。JSAPSのホームページを見ると「2つの日本美容外科学会」と題して同名の学会が二つある事実を説明しています。英語名が「Japan Society of Aesthetic Plastic Surgery(JSAPS)とJapan Society of Aesthetic Surgery (JSAS)で、JSAPSがJSASと同名にならないように「Plastic (P)」を加えたものと推測しました。あるいは、JSAPSは国際美容外科学会(ISAPS)に認められた唯一の美容外科学会と記されていますので、国際学会と合わせて英語名にはPlasticが入っているのかもしれません。JSASのホームページにはJSAPSについての言及はありませんが、設立が昭和41年2月とありJSAPS(昭和52年1月設立)より先にできていたようです。JSAPSは日本整容形成外科研究会が母体と記されていますが、「日本整容形成外科学会」とせずに日本美容外科学会とJSASと同名にして良かったのでしょうか。JSASのホームページの沿革を見ると、昭和53年6月に日本美容整形学会を日本美容外科学会に改称したと記されていますので、両者で名称を取り合って同じ名前になったのかもしれません。

 報道ではJSASには958人が所属とありますが、ホームページでは会員数、平成25年4月1日現在で1012名となっています。JSAPSには会員数の記載がありませんが、名簿から数えると1200人くらいいますので、JSAPSの方が優勢のようです。

 NHKも同じニュースを伝えていましたが、JSASがJSAPSとは別の団体であることは言及していませんでした。放送と紙面の違いでしょうか。新聞記者は日本語で同名のJSAPSがJSASと混同されないようにわざわざ言及したのかもしれません。

at 07:58, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1669