<< 関税は武器か | main | 「炎上」言葉遣いの違和感 >>

時代遅れの嫡出推定

 無戸籍児を作り出す原因となっていると言われている嫡出推定、法務省が見直しを始めると報じられました。離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子どもと推定され、前夫の戸籍に入ることを避けるため母親が出生届を出さずに無戸籍児となるようです。離婚後に前夫の子が生まれることがないとは言いませんが、婚姻関係が破たんして離婚することを考えれば、離婚後300日以内に生まれても父親は再婚相手もしくは新しい恋人である可能性は高いでしょう。300日の期間を短くするといった小手先の変更ではなく、この際、不合理な嫡出推定は廃止しましょう。婚姻関係にある夫婦の子どもは夫の子と推定する原則は合理的ですが、離婚後300日以内は前夫の子という例外が存続しているからややこしくなります。現在も婚姻関係にない母親の出生届では、子は母親の戸籍に入り、認知された場合のみ父親が記載されるとのことで、300日の例外規定を廃止するだけで大方の問題は解決するのではないでしょうか。

 300日の規定で遺伝子レベルの親子関係がないにもかかわらず嫡出推定された子供を救うために、現在、父親(前夫)にしか認められていない嫡出否認の訴えを子供や母親にも認める改正は必要です。選択的夫婦別姓制と併せて早急に法改正がなされることを期待します。

at 07:52, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1665