<< ホール新設計画いまだに箱モノ行政 | main | 参議院選挙のための接待外交 >>

おめでとう栃ノ心、朝乃山

 13日目長い協議の末、誤審に見える物言いが通って朝乃山に負けた栃ノ心、14日目に鶴竜に勝って大関復帰を決めました。誤審に見える13日の判定がなければ、14日に朝乃山の優勝が決まることはなく千秋楽までもつれれば朝乃山の優勝は難しかったでしょう。出身地である朝乃山の優勝を期待していた富山の栃ノ心ファンにとっては理想的な結果となりました。

 サッカーの試合で誤審が話題となり、誤審やフェアでないプレイで点が入ったチームが直後のプレイで相手チームに、わざと1点を与えて誤審の結果を帳消しにする行為が注目されました。サッカーなど点数を争う競技では試合時間内に相手チームができることもありますが、相撲では誤審があっても力士には何もできません。そのようなものと思って、それぞれの力士が翌日からの取り組みで結果を残すしかないでしょう。今場所で結果を残した両力士の来場所にも期待します。

 千秋楽の表彰式、安倍首相は内閣総理大臣杯を授与した後なぜ土俵を降りなかったのでしょう。トランプ大統領によるトロフィー授与まで土俵上で見守っていた姿に違和感を感じました。

at 07:20, kameriki, 富山

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1660