<< 国鉄民営化後の矛盾 | main | ホール新設計画いまだに箱モノ行政 >>

ストリートビューでお宅訪問

 先日street viewでお宅を見たと知人から聞かされました。目的地の下見や道順の確認などでstreet viewは利用していますが、個人宅を見るという発想はありませんでした。地図上に名前が表示されているレストランや観光施設などではなく知らない個人の家は簡単に探せないのではないかと思っていましたが、自宅を住所で検索したらピンポイントで表示されました。住所を知らせることは、家の外観写真を見せることと同義と知りました。空き巣がstreet viewで入りやすそうな家を探すと聞いたことがあります。家の前を歩けばだれでも見られる以上、家の外観は公開情報と言るかもしれませんが、ネットで公開されていることを自覚して、住所を知らせるときは慎重にすべきだと思いました。

 

at 07:16, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1646