<< 世界で特殊詐欺 | main | デジタル貿易交渉はくせもの >>

中国経済成長の罠 金融危機とバランスシート不況

 日本人の研究者が中国経済の現状を分析した書籍で、著者は中国で「バブル崩壊が起こる可能性は40%」と言います。本書は2018年5月の出版ですが、米中貿易摩擦などの経済対立で中国経済の不確実性が増していますので、習近平政権の経済運営次第でバブル崩壊確率はさらに高くなるかもしれません。

 本書には日本のバブル経済の分析についても記されています。その発生と崩壊について中国共産党指導部はよく研究し、日本の轍を踏まないように最善の注意を払っていると言われていますが、分かっていても実行できるとは限りません。日本のバブルでは日銀の金融引き締め政策が遅れて過度の金融緩和経済によって実需以上に市中にお金があふれ土地や株、債券などの高騰でバブルが形成されていったようですが、中国では企業が低利で集めた資金を銀行を介して不動産開発などの企業に投じてバブルが生じているようです。リーマンショック時のサブプライムローンのように世界中の銀行や投資家に債権が広まっているのと異なり、中国企業の債権は中国国内に留まっていてバブルが崩壊しても他国の金融システムに直接影響することは少ないかもしれません。しかし、中国経済の規模の大きさを考えれば、中国経済のバブル崩壊による間接的な影響は少なくないでしょう。本書に記されている中国国有企業の実態や中国経済における非効率な国有企業の存在感の大きさを知ると、悲観的になります。日本の指導者はその時に備える必要があるでしょう。

中国 経済成長の罠 金融危機とバランスシート不況

新品価格
¥2,376から
(2019/4/19 07:20時点)

中国 経済成長の罠 金融危機とバランスシート不況 [ 関 辰一 ]

価格:2,376円
(2019/4/19 07:52時点)

at 07:52, kameriki, 書籍紹介

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1638