<< 新元号の疑問 | main | 値上げの春 >>

早死にの開業医

 「医者の不養生」などと言われますが、岐阜県保険医協会の調査結果は衝撃的です。2008〜17年の10年間に、岐阜県保険医協会を死亡退会した85人の死亡時年齢は平均70.8歳で、厚労省統計の死亡時平均年齢(2015年)、男性77.7歳、女性84.3歳と明らかな差があったとのことでした。85人の内訳は、医科会員が60人、歯科会員が25人、男性が76人、女性が9人とのこと。死因など差が生じた原因の検討はしていませんが、「医者の不養生」よりも過労が原因と考えるほうが確からしく思います。

 過労死ラインまでの長時間勤務を認める「勤務医の働き方改革」の議論が問題となっていますが、開業医の過労についても調査が必要ではないでしょうか。

at 07:46, kameriki, 医学

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1624