<< 厚労省の劣化 | main | 安倍政権擁護の官僚また一人 >>

お雛様

 「お内裏様」は男雛だけをさすのではなく女雛も含めて「内裏(宮中)」に住む高貴な人を指した呼称と「チコちゃん」が言っていました。「うれしいひなまつり」の歌詞で勘違いが広がったようですが、作詞したサトウハチロー氏も勘違いしていたそうです。

 3月3日の桃の節句を前に「日本人形協会」が「ひな人形のおさがりはNG」としたネットでのキャンペーンが話題になっていました。流しびなの伝統から雛人形には身代わりとして個人の厄を引き受ける個人の「お守り」の意味があるから、おさがりで引き継ぐことはできないとの主張のようです。始まりの「流しびな」が厄除けであったとしても、雛人形を飾るようになって、女の子の成長を願う年に一度の行事となった現代で「おさがりはNG」などと言っていたら雛人形を飾る風習さえなくなってしまうのではないでしょうか。新しい雛人形を買ってもらうために「おさがりはNG」という人形協会の気持ちはわかりますが、逆効果のように感じました。

at 07:55, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1607