<< 追悼ドナルド・キーンさん | main | 職務放棄の菅官房長官 >>

富山民放意外な快挙

 復興庁が制作した福島の復興CMについて富山の民放全局(3局)が放送しなかったと報じられました。現在も避難している被災者の気持ちへの配慮から、放送を自粛したとのことです。富山は選挙で自民党が圧勝する保守的な土地柄で、多くの県民は安倍政権を支持していると見られ、民放が政府の制作したCMの放送を拒否したのは意外です。報道では、それぞれの放送局が独自に判断したとされていますが、他の民放が放送しないことを知らなかったとは報じられていませんので、判断に他局の動向との横並び意識が働いたことは否定できません。それでも、民放が政府の意向に逆らって放送しない判断を下したことは快挙です。CMが放送すべきでないと判断する内容だったのかどうかは分かりませんが、富山の放送局が政府に盲目的に従っていないことが分かっただけでも予想外のうれしい出来事でした。

at 08:25, kameriki, 富山

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1601