<< トランプ大統領も真っ青、安倍首相官邸のメディア攻撃 | main | やさしい味って? >>

あっぱれ泉佐野

 ふるさと納税で多くの寄付金を集め優等生だった泉佐野市が、総務省が打ち出した返礼品は地場産品に限り寄付額の3割までとする要請でピンチとなって「100億円還元閉店キャンペーン」を始めました。総務大臣は、要請に従わずキャンペーンを始めた泉佐野市に猛反発していますが、総務省の要請に強制力はありません。法改正されれば強制力を持ちますから、3割以上の額で地場産品以外の返礼品が出せるのはそれまでの期間と心得て、泉佐野市も「閉店」と銘打ったキャンペーンを始めたようです。「100億円還元」は話題になっているワードですから、絶妙のタイミングで打ち出した泉佐野市の企画力、マーケティング力に脱帽です。

 辺野古の基地建設を見れば分かるように政府の方針が必ずしも正しいとは限らず、地方に政府と異なる様々な考えがあることは健全です。返礼品競争が過熱することが良いとは思いませんが、政府の3割以下地場産品という方針は中途半端です。法改正するなら返礼品をすべて禁止すべきでしょう。総務大臣が泉佐野市のキャンペーンに反対意見を述べるのは構いませんが、政府の方針に従わないから非難するというのは行政を担う大臣として未熟です。異論を許さない強権的な安倍政権の姿勢がここにも表れているように見えます。

at 08:11, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1591