<< エスカレーターの乗り方 | main | 危険運転致死傷罪 >>

プラダのセンス

 プラダのキャラクター製品が「黒人を侮辱している」との批判を受けて、販売を中止したと報道されています。キャラクターの画像を見ると、肌が黒く分厚い唇が強調されていて、黒人を侮蔑するときのステレオタイプの描画からデザインしたように見えます。「誰かを傷つける意図はなく、プラダはいかなる人種差別も拒絶している」と声明を出したようですが、販売前に会社で問題とならなかったのでしょうか。プラダのホームページにはほかにも奇妙なキャラクターの製品が載っています。他のキャラクターに人種差別的なものは感じませんが、どれも人気が出るとは思えない不思議なキャラクターです。ファッションのセンスとキャラクターデザインのセンスは違うのかもしれません。

 11月にはイタリアのファッションブランド、ドルチェ&ガッバーナが公開した動画が中国人に差別的と批判され、謝罪しました。中国での宣伝のために作った動画で、箸を使うアジア人を揶揄しているように見えるものを作って社内で批判されなかったのでしょうか。プラダとドルチェ&ガッバーナは異なる会社で、差別が批判された対象も違いますが、ファッション業界には差別的な意識が残っているのでしょうか。

at 07:25, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1576