<< あの会社はこうして潰れた | main | 辺野古土砂投入再考を >>

メセナアワード2018

 11月29日メセナアワード2018の贈呈式が行われ「おはなし隊」に大賞を授与という記事に、アコムが優秀賞と記載されていました。メセナと言えば企業による芸術文化の支援活動で、サラ金のアコムのイメージと結びつかず、どんな活動が選ばれたのだろうとホームページを見ました。アワードを主催している企業メセナ協議会のホームページによると、優秀賞はアコムを含む5社、その他、大賞と特別賞がそれぞれ1社選ばれていました。アコムは『「笑顔のおてつだい」バリアフリーコンサート アコム“みる”コンサート物語』という1994年から行っている活動で受賞したそうです。2000年から車椅子専用席を設けたり、手話通訳をつけたりしてバリアフリーコンサートとして全国で開催しているとのこと。活動は優秀賞にふさわしいもののようです。サラ金と社会貢献が結びつきませんでしたが、サラ金(消費者金融)の貸出は総量規制で健全になり、規制されていない銀行によるカードローンの方が悪質な例もあることを考えると、合法なサラ金業者を色眼鏡で見る必要はないのかもしれません。

at 07:14, kameriki, -

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1563