<< 徴用工問題取りあえず放置 | main | ふざけたポイント還元案 >>

分断の米国

 米国の中間選挙、上院は予想通り共和党の勝利でしたが、下院は民主党が過半数を奪還しました。両院でいわゆるねじれ状態となり、米国の政治が混迷することが予想されます。内政がままならなくなったトランプ大統領が対外的にさらに理不尽な要求をしてくることも考えられます。日米関係さらには世界平和にとって、プラスになるかどうかは分かりませんが、トランプ大統領を認めない人が米国にも過半数いたと分かったことは希望が持てます。2年後に大統領選挙でトランプ政権が終わる可能性も見えてきます。内政がままならない原因を下院の民主党のせいにすることができるので、トランプ大統領の再選にとっては好都合という人もいます。いずれにせよ、米国にはトランプ大統領を支持する多くの人々が存在していますので、今後の米国政治がどのようなものになっていくのか注視していく必要があります。

at 07:21, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1547