<< ブラックボランティア | main | 手書き文字入力 >>

ノーベル街道面目躍如

 2018年のノーベル医学生理学賞受賞者は、癌細胞による免疫抑制に関わる二つの分子CTLA-4とPD-1を研究した日米二人の研究者James Allison氏と本庶佑氏に決まりました。本庶佑氏の研究は画期的な癌治療薬オプジーボの開発につながりました。

 富山市出身の田中耕一氏がタンパク質の質量分析計の研究でノーベル化学賞を受賞した際に、歴代の日本人ノーベル賞授賞者に、富山から高山に抜ける国道41号沿いにゆかりのある人が複数いるということから、国道41号をノーベル街道と名付けたもので、富山では日本人のノーベル賞受賞者が出ると、41号と何か関係ないかと探してしまいます。

 本庶佑氏は主に京大や阪大で研究された方で、高校までは宇部で過ごされたとのことで、残念ながら国道41号沿いの市町村とは関係なさそうです。ところが、両親が富山の出身ということで、富山のローカルニュースでは既に本庶佑氏も富山ゆかりの人として紹介されていました。ノーベル街道に関連付けられそうです。いずれにしても本庶佑氏の受賞は大変喜ばしいことでした。おめでとうございます。

at 07:15, kameriki, 富山

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1523