<< 媒体の責任 | main | 最優先は自動車関税ではない >>

福島原発事故前に戻った広島高裁

 広島高裁の異議審で、四国電力の伊方原発運転差し止めが取り消されました。広島と松山の住民の申し立てによって、差し止めの仮処分が広島地裁で退けられ広島高裁で運転の差し止めが認められたものでした。その後、四国電力の保全異議申し立てにより、差し止めた裁判官とは異なる3人の裁判官による異議審で差し止めが取り消されることとなったようです。それぞれ主張や証拠が変わったわけではありませんので、裁判官によって判断が異なったことになります。判断の違いは、阿蘇山の「破局的噴火」についてのリスクを許容するか、しないかです。今回の裁判官は、「破局的噴火」が起こる可能性を根拠をもって示さなければ、そのリスクについて「容認する社会的通念があると判断するほかない」という判断のようです。

 滅多に起こらないものは起こらないものとして考慮しないのが福島原発事故までの原子力政策でした。原子力規制委員会は事故前より可能性の低い災害も考慮するようになりましたが、考慮する災害を無限に広げていけば原発の運転はできなくなりますので、どこかで線を引く必要があります。原子力規制委員会は線引きした以上の災害が起こる可能性を認めて、事故が起こった際の対処も求めるようになりましたから、事故前よりは進歩しました。事故後の原発運転差し止め請求で、いくつかの地裁は事故が起こったときの壊滅的な被害を考慮して、滅多に起こらない災害による事故についても原子力規制委員会より厳しく想定して、差し止めを認めました。しかし、高裁で覆ることが多く、司法の一致した見解にはなりませんでした。今回、運転を認めた広島高裁の裁判官の判断は福島原発事故前に戻ってしまったようです。政権の言いなりになる裁判官の姿はとても悲しいです。

at 07:38, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1518