<< カジノに行ってはいけない | main | 自然災害としての酷暑 >>

暑さ指数

 連日の猛暑で熱中症への注意が呼びかけられています。熱中症は体温調節の機能不全により起こる症状ですから暑さは大きな原因ですが、湿度が低ければ汗の蒸発で体温を下げる効果が高くなりますから、湿度も大きな要因となります。それらを加味していて熱中症の危険度と相関が高い指標が「暑さ指数」です。環境省のホームページによると気温、湿度、輻射熱のそれぞれの効果を1:7:2で算出した温度で表しているようです。それぞれ、乾球温度(NDB:Natural Dry Bulb temperature)、湿球温度(NWB:Natural Wet Bulb temperature)、黒球温度(GT:Globe Temperature)として測定され、暑さ指数はWet-Bulb Globe Temperature(湿球黒球温度)と呼ばれているそうです。

 各地の実測値もしくは推定値と予測値が環境省のホームページで公開されています。連日、各地で熱中症に最大警戒が必要な「危険」レベルに達しているようです。ご注意ください。

at 07:27, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1479