<< 間に合ったサッカー少年 | main | お詫びすべきはツイッターか西村さん >>

チャイナリスク

 中国浙江省杭州市の中級人民法院(地裁)で7月10日、日本人男性にスパイ罪などで懲役12年の実刑判決が出されたと報道されています。起訴内容は公開されていませんが、男性は2015年5月、浙江省内の造船所や空軍基地などを撮影したとされて軍事施設周辺で拘束されたそうです。外務省はホームページに「スパイ行為の疑い,軍事施設の写真撮影や未開放地域への侵入,無許可での測量や地質調査等で身柄を拘束されることがあり得ます。最近,中国では,反スパイ法,国家安全法,反テロリズム法,外国NGO管理法が施行される等,国家安全に対する取締りを特に強化しており,2017年4月,北京市では市民による反スパイ行為の手掛かりの通報を奨励するとの規則が制定されました。日本との体制・制度の違いについても,治安への注意と共に,十分に理解することが必要です。」と安全情報を載せています。捕まっても自己責任となるようです。実際、日本政府が中国政府に抗議しても効果はなく已むをえません。

 中国でビジネスをするためには、日中関係の悪化や中国政府の法に依らない取り締まりなど様々なリスクがありますが、スパイ行為に問われるリスクもあるようです。これは、ビジネスだけでなく観光でも起こりうるかもしれません。

at 07:11, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1473