<< 液晶テレビSU-24TV | main | 予想外の交通事故 >>

分配器とアンテナケーブルで映らない

 パソコンのモニター代わりに安いテレビを買いました。これまで使っていたパソコン用チューナーとテレビを同時に使うためにはアンテナで受信した電波を二つに分ける必要があります。その際に使用するのが分配器です。ちなみに分波器はVHFとUHFの電波を分けるもので間違えると大変です。分波器には一つの入力端子と複数の出力端子が付いています。これまでは部屋の隅にあるアンテナ端子から1本の同軸ケーブルで接続していましたが、分波器を使用して2台で見るためには、入力用1本と出力用2本の3本の同軸ケーブルが必要になります。ケーブルはアナログテレビで使っていた古いアンテナケーブルを流用するつもりで、分配器だけを通販で買いました。

 購入した分配器を介して接続したところ、一部のチャンネル(特にNHK総合)が映らなくなりました。電波の受信強度が低くて映らないようです。分配器で減衰したものと思いましたが、繋ぎ変えて試してみると、どうもケーブルに問題があるようです。家の中で配線するだけの数メートルのケーブルであれば、何を使っても影響するほどの減衰はないものと思っていましたが、アナログテレビ用のアンテナケーブルには地デジで使用するUHFの電波に向かないものがあるようです。

 ホームセンターにケーブルを買いに行きました。家にあった同軸ケーブル1本は使えたので、残り2本が必要です。切り売りのケーブルを買って、家にあったプラグを自分で取り付ければネット通販より安いと考えて、2mのケーブル1本と、もう1本はそのまま使える接栓付きの1mのケーブルを買ってきました。1mのケーブルはネット通販の2mと同程度の価格で、2本分で通販より安いはずでした。家にあったプラグを両端に取り付けて接続すると減衰が大きく使用できません。VHF用のプラグなのかもしれません。結局、翌日再度ホームセンターに行って、F型接栓を二つ購入して取り付け、無事に2台が映るようになりました。最終的には通販より高くなりましたが、勉強になりました。

コアウェーブ アンテナ2分配器 BS/CS/UHF/VHF/FM/地デジ対応 全端子通電型 CW-147TV

DXアンテナ アンテナケーブル 【2K 4K 8K 対応】 1m F形プラグ/F形プラグ 4C ライトグレー 4JW1FFS(B)

at 07:25, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1467