<< お巡りさんの拳銃 | main | 皮肉な逆転負け >>

皮肉なフェアプレイポイント

 サッカーワールドカップロシア大会で日本代表は一次リーグを1勝1敗引き分けで2位通過となりました。当面の目標であった一次リーグ突破を果たした代表選手や監督に敬意を表します。1勝1分けで迎えたポーランドとの第三戦、日本は勝つか引き分けで一次リーグ2位以内が決まっていました。勝ちに行って、同点で残り時間が少なくなれば引き分けを狙うという戦略と、誰もが思っていたはずです。後半になってポーランドに先制されたところで逆転して勝つことは難しくなりましたが、同点に追いつく可能性はあり、セネガル戦のように追いつくことを期待していました。ところが、同じリーグで2位を争っているセネガルがコロンビアに0-1でリードされたところからおかしくなりました。セネガルが0-1で負ければ、日本が0-1で負けても2位になれるため、日本チームは0-1のままで試合を終わらせる選択をしました。日本とセネガルは勝点、得失点差、総得点で並び、直接対決で引き分けていて、順位を決めるのはフェアプレイポイントと呼ばれる警告数の少なさです。セネガルが同点に追いつけば日本は3位となって一次リーグ敗退となりますが、西野監督はセネガルが追いつく確率よりも日本が追いつく確率が低いと計算したのでしょう。ポルトガルに追加点を取られず、警告(イエローカード)を受けることなく試合を終わらせるため、攻め上がることなくボールを回して時間を消費する戦略に出ました。ブーイングの中で0-1のまま試合が終了し、日本は最終戦に負けましたが一次リーグを2位で通過しました。

 サッカーには引き分けがありますから、試合の終盤に両チームが引き分け狙いで攻めることをせず、時間を消費する戦略に出ることはあります。リードしているチームや引き分け狙いのチームが時間稼ぎをしても、通常は相手チームが攻撃を仕掛けるため、時間稼ぎは簡単ではありません。しかし、負けているチームがそのまま負けることを狙えば、勝っている相手チームが無理に追加点をとる必要はなく、攻防のないまま容易に時間稼ぎができてしまいます。プロスポーツが「見せる」ことを目的としたものであれば、パスの練習のようなボール回しを見せた終盤はほめられたものではありませんが、決勝トーナメントでの試合を見せることがより大きな目標であれば、一次リーグ突破のための戦術として一番確率の高いものです。戦術に徹したチームは見事でしたが、フェアプレイと呼ばれるポイントのために、自ら試合を放棄したような一見フェアに見えないプレイとなってしまったのは皮肉でした。

at 07:24, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1462