<< 分配器とアンテナケーブルで映らない | main | 7人の殺人 >>

予想外の交通事故

 交差点を自転車で直進中、右折車と接触しました。幸い自動車がすぐに止まったので、自転車も倒れることなく大きなけがにならずに済みました。信号待ちから発進してすぐで自動車にはそれほどのスピードが出ていなかったので、接触してすぐ止まれたのでしょう。自動ブレーキが働いたのかもしれません。

 運転手の話では、対向車が右折したのでそれに合わせて右折し、直進する自転車(私)には気が付かなかったとのことでした。直進者が優先ですから、直進していた私にはまったく非はないのですが、接近してくる右折車に全く気が付かなかったことがとても残念です。幸い今回は擦り傷程度で済みましたが、命に係わる事故になっていてもおかしくないものです。被害者側から事故を避けることができなかったかについて考えると、右折車は待っているはずとの思い込みがぶつかるまで気が付かなかった原因と思います。信号待ちの際に目の前の信号だけを見ていて、右折してくる車を見ていませんでした。車が静かで、近づく音にも気が付かず、気づいたときには何もできませんでした。

 多くの人は交通ルールに従って運転していますが、人間である以上、過失はゼロにできませんから、事故を起こさないためだけではなく事故に遭わないためにも思い込みを排除して、注意が必要と思いました。

 加害者と共に近くの交番に届けに行ったのですが、身分証などの確認と事情を聞かれた後、現場検証が必要なので、事故現場に行って待つように言われました。現場で110番通報してそのまま待っているのが正しい対処とのことでした。ちなみに交番にいたのは警察官ではなく、交番相談員でした。人手不足でしょうか。

at 08:01, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1454