<< のぞみのシート | main | 歴史的パフォーマンス米朝首脳会談 >>

検察の味方、裁判所

 袴田事件の再審が認められた静岡地裁の決定が東京高裁で取り消されました。地裁で認められたDNA鑑定などの新証拠が手法の信用性などで否定され、再審請求が棄却される結果となりました。刑事事件で裁判所が有罪とする確率は俗に99.9%と言われています。有罪となる可能性の高い事件だけが起訴されているという事情は大きいと思われますが、裁判官にとって、いわば身内の検察官の主張は聞き入れやすいのでしょう。

 静岡地裁が開いた再審の狭き門を東京高裁は閉じてしまいました。とても残念ですが、高裁は袴田さんの釈放は維持しました。高裁が再審を認めても認めなくてもどちらかの特別抗告で最高裁まで争われることは確実なので、高裁は検察の顔を立てながら、最終判断を最高裁にゆだねたというところでしょうか。

 再審決定は過去の裁判所の誤りを認めることにもなり、刑事事件の裁判で無罪判決を出すよりハードルは高いものと思われます。それでも最高裁は「疑わしきは被告人の利益に」という原則に戻って、東京高裁が閉じた再審の扉を再び開いて欲しいものです。

at 08:03, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1450