<< テレ朝の忖度だったのか? | main | 下村元文科大臣の道徳観 >>

関税を交渉するな

 日米首脳会談で、茂木経済財政・再生相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表による「自由で公正かつ相互的な貿易取引のための協議」を設けることで合意したと報じられています。トランプ大統領が一方的に決めた鉄鋼とアルミニウムに関税をかける処置について安倍首相は日本を除外するように求め、トランプ大統領に拒否されたようです。不当な関税であれば日本を例外扱いにするよう要求するのではなく、WTO違反を指摘して不当な関税自体を撤廃するように要求すべきです。トランプ大統領に文句は言い難いというのであれば、例外扱いを求めるのではなく、無視した方が良いでしょう。安倍首相が日本の除外を求めるからトランプ大統領の不当な政策が取引材料として有効性を帯びてしまいます。無視すれば、日本の国民にとって利益とならない余計な譲歩をする必要はなくなり、国際社会での日本の評価も上がるでしょう。

 トランプ大統領の目標は米国の対日貿易の赤字の解消ですから大統領の要求にこたえれば、不要で高額な米国製品をいろいろ買わされることになりかねません。トランプ大統領が輸入品に関税をかければ、困るのは米国国民で、日本はトランプ大統領の意向を忖度して安易に譲歩することなく、無視し続けるべきでしょう。

 米朝首脳会談前の打ち合わせとして、日米首脳会談の北朝鮮問題に関する成果について評価が高いようですが、安倍首相がご機嫌取りのためゴルフ場でどれだけの約束をしたのかとても心配です。

at 06:34, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1435