<< 今頃だから出てくる森友・加計文書と自衛隊日報 | main | 未成年者の銃犯罪 >>

答えられない安倍首相

 4月11日の衆議院予算委員会でごみ撤去の口裏合わせの発覚を受けて森友問題、愛媛県職員の面会メモを受けて加計問題について野党議員から追及された安倍首相、聞かれた質問に答えず、自分の正当性を訴える主張を繰り返して、時間を稼いでいました。自民党出身の委員長は速記を止めて質問時間が空費されることを防ぐこともなく、安倍首相に適切な答弁を促すこともなく、やじや怒号が飛び交い騒然とした予算委員会は森友・加計問題について何も解明されないまま終了しました。真実を答えたら、首相どころか国会議員も辞めなければならなくなるので、答えられないのでしょう。

 安倍首相は嘘をつき続けるしかないと思っているのかもしれませんが、官僚や首相を支える国会議員まで真実を述べないのはとても残念です。

at 07:57, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1428