<< 財務省セクハラ疑惑まさかの調査方針 | main | ドナルドと呼ぶ? >>

ゴマサバの塩焼き

 ショッピングセンターのATMに寄った後、出店している鮮魚店を除くと、朝どれのゴマサバが売られています。1パック5匹で税抜き198円。破格の安さです。2匹で198円も4匹で198円のパックもあり、値段の違いは魚の大きさのようです。2匹でパックされているゴマサバが4匹や5匹のものより2倍大きい訳ではなく、せいぜい1.5倍かそれ以下で、5匹のパックはお得に見えます。小さい魚は処理が面倒で需要がないから安いことは分かりますが、小さいと言ってもサバですから大きなイワシ程度はあります。すでに夕食のレシピは決めていましたが、せっかく朝どれの鮮魚が安く手に入るチャンスに巡り合ったのに見過ごせないと思い、5匹198円のパックを一つ買って帰りました。明日がごみの収集日なので、下処理をして生ごみが出ても大丈夫と、買った時には考えていましたが、素人が小さな魚を開いて下処理したら、食べるところがほとんどなくなってしまうと思ってそのまま焼くことにしました。

 ゴマサバを水洗いした後、魚焼きグリルに5匹すべてを並べ、塩を振りました。ひっくり返して、反対の面にも塩を振り、グリルのメニューで丸焼きを選んで、約15分焼き上げました。ひっくり返して1回3分の追加焼きを2回行いました。追加焼きをしなくても十分焼けているはずなのですが、5匹も並べると、焼きむらで一部生焼けのところがありそうな気がして念のため追加焼きをしました。これまでサバと言ったら切り身で売っているもの(おそらくマサバ)しか食べたことがありませんでしたが、小さなゴマサバはサンマやイワシのように丸焼きしてもおいしく食べられることが分かりました。

at 07:18, kameriki, 料理

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1418