<< 財務省の適材適所 | main | タイヤ交換と空気圧 >>

辞めても首相を守る佐川さん

 衆参両院で前理財局長佐川氏の証人喚問が実施されましたが、訴追されていることを理由に改竄前の決裁文書に関わる疑惑には答えませんでした。その一方で、売買契約に関する安倍昭恵夫人の関与は根拠なく明確に否定しました。財務省を辞めても天下りなど今後の人生設計を考えると安倍首相を守り通す方が得策と考えたのかもしれません。決裁文書の改竄についても安倍夫妻の関与を否定しましたが、こちらは答弁を拒否したことによって根拠を示せなくなり、この件に関して官邸の関与が否定できない結果となりました。さすがに、刑事罰を受ける犯罪である改竄について、自分一人だけが犠牲になる覚悟はなかったようです。今後、地検の捜査に対して事実を明らかにする可能性はありますが、少なくとも証人喚問では安倍首相を守る姿勢を示しました。

 前川喜平氏に対する安倍政権の処置を見れば、辞めても敵に回したくないと思っているのかもしれませんが、改竄に関する疑惑を残すことで安倍政権に対しては却ってダメージになるでしょう。このまま終わったことにはできません。

at 07:08, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1416