<< トランプ関税で交渉するな | main | 辞めても首相を守る佐川さん >>

財務省の適材適所

 国会審議で森友問題に答弁し、決裁文書の改竄で証人喚問を受けることになった佐川前国税庁長官、麻生財務大臣は国税庁長官起用を「適材適所」と言っていました。国会答弁の影響か、尊大でダーティなイメージができましたが、嘘の答弁で安倍首相と昭恵夫人を守るためには「適材適所」だったのかもしれません。決裁文書の改竄で最終的に安倍政権は追い詰められることになりましたが、理財局長だった佐川氏の国会答弁に守られ衆議院選挙で圧勝した訳ですから、当時の政権にとって佐川氏は理財局長として「適材適所」だったのでしょう。

 佐川氏の後任、太田氏は決裁文書改竄問題について国会答弁では、もっぱら低姿勢で謝っています。腰が低そうなソフトな雰囲気で謝罪には適任のように見えます。決裁文書の改竄が露呈することを財務省が予測していたのかどうか定かではありませんが、謝罪役として太田氏は「適材適所」のようです。謝ったからと言って、森友問題が決着するものではありませんが、安倍政権が改竄の責任を佐川氏に押し付けて森友問題すべてをうやむやに終わらせることができれば、政権を守るために「適材適所」だったことになります。

at 07:20, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1415