<< もらった鍋とIH | main | 前川さんを監視する文科省の異常さ >>

「精日」とは知らなかった

 中国の王毅外相が記者会見終了後に、記者から「精日」について聞かれ「『そいつは中国人のクズだ!』と人差し指を振り上げながら吐き捨てた」とのことです。精日とは、初めて聞きましたが、主に中国のネットで使われている言葉で「精神的日本人」の略のようです。日本の文化を好み、さらに、共産党政府による歴史教育の柱である抗日精神を否定しているところが、単なる日本好きと違っているとのことです。

 共産党政権の正当性にもかかわる反日教育を否定するような人たちを、外相が非難することはやむを得ないかもしれませんが、親日的な人たちが「クズ」と言われるのは寂しいことです。中国から多くの観光客が来日している現状を考えれば、日中政府間では友好的でなくても中国に日本の文化を好む人たちがいることは想像できます。もはや経済力で中国に対抗することは難しくても、文化の力でさらに日本のファンを増やすことができるかもしれません。日本がかつての敵国であった英米の文化を受け入れて、友好的な感情を持つ人が増えたように、日本の文化が受け入れられて、中国とも良い関係が築けるようになれば喜ばしいことです。

at 07:13, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1409