<< マイナンバーカードがなくてもネットで確定申告 | main | LEDクリップライトホワイトE26電球なし >>

国交大臣経団連に要請を!

 今年は人手不足で、春の引っ越しが大変とのことです。NHKニュースによると石井国土交通大臣は、この状況を受けて閣議後の記者会見で「引っ越し業者に対して計画的にドライバーや車両の確保に努めるよう働きかけたい」と述べたそうです。引っ越し業者としては、大臣に言われなくても、できることなら書き入れ時の春に少しでも多くの引っ越しを引き受けたいと思っているでしょう。

 運送業界全体の人手不足の中で、ブラック企業と言われる業者も存在し過酷な労働環境のイメージがある引っ越し業界で人手を集めるのは困難を極め、十分な人員の確保は不可能でしょう。問題を解決する唯一の手段はピーク時の引っ越しの数を減らすことです。需要が分散化すれば、現在の人員でもある程度の引っ越しは可能なはずです。春先の引っ越し需要は新入学生と新入社員、人事異動です。この春の大学の始業日を変えることはできませんので、新入学生の引っ越し時期はずらせませんが、人事異動に伴う引っ越し時期はこれからでもずらすことができるはずです。新入社員の引っ越しも新入社員研修などをうまく使えば、時期をずらすことができるかもしれません。石井大臣が働きかけるべきは、引っ越し業者ではなく、経団連ではないでしょうか。安倍政権の応援団ですから、頼みやすいはずです。ピークをずらせば、引っ越し料金も安くなり、人事異動させる会社にとってもメリットはありますから、経済界全体で取り組みやすいはずです。大臣は知恵を出してください。

at 07:14, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1399