<< 忘れられた戦争 | main | 国交大臣経団連に要請を! >>

マイナンバーカードがなくてもネットで確定申告

 確定申告に行ってきました。ネットで確定申告を済ませるe-Taxを利用すれば、行かなくても済みますが、そのためにはマイナンバーカードとICカードリーダライターが必要です。実はリーダライターを持っているので、マイナンバーカードを取得すれば可能で、確定申告前にマイナンバーカードを申請しようかと思っていましたが、取得が確定申告期間に間に合わない可能性がありました。マイナンバーカードの取得は、初回は無料ですが、e-Taxに使用するには有効期限があり、更新する際に手数料がかかります。1年早く取得すれば1年早く失効することになりますから、とりあえず、今年は例年通りネットで作成して印刷したものを確定申告会場まで持参することにしました。印刷すれば郵送も可能ですが、マイナンバー通知カードと免許証などの証明書のコピーを添付する必要があり、郵送では送料もかかるため、会場へ持参しました。

 会場には、その場で相談しながらパソコンを利用して申請書を作成する人が順番待ちしていましたが、自分で作成して持っていけばすぐに受け付けてもらえます。受け付けた税務署の職員から、来年以降も確定申告をするか聞かれ、質問の意図を訝りながら来年以降も毎年することを答えると、来年からマイナンバーカードとリーダライターがなくてもIDとパスワードでe-Taxが利用できるシステムが始まると説明されました。その場で、パソコンに住所氏名、パスワードなどを入力し、IDをもらって来ました。IDとパスワードでネットから確定申告ができるのならマイナンバーカードは取得する必要がありません。そんな便利なシステムができるならもっと宣伝してほしかったと思いましたが、ホームページを見ると、IDとパスワードによるe-Taxは例外的暫定的措置のようです。暫定的と言いながらずっと継続することもあります。利用者が多ければ、やめにくくなるでしょう。今年の確定申告でIDとパスワードを取得して、来年から、マイナンバーカードがない人も、みんなでe-Taxをしましょう。

at 08:24, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1398