<< 百均でLED電球 | main | ありがたい太陽 >>

はにゅうとはぶで混乱する頭

 羽生選手、金メダルおめでとうございます。羽生選手の活躍を伝える新聞を読みながら、頭の中では「はぶ」と発音していました。「羽生」は珍しい名字ですから身近に知り合いはなく、知っているのは有名人であるフィギュアスケートの羽生結弦選手と将棋の羽生善治永世七冠の二人だけです。永世七冠の獲得と国民栄誉賞受賞で、平昌オリンピックまではマスコミに登場する「羽生」は羽生善治氏でしたから、「羽生」の字を見て、ついつい「はぶ」と呼んでしまいます。現在のネットの検索では羽生結弦選手の圧勝ですが、私の頭の切り替えには時間がかかるようです。羽生結弦選手の金メダル獲得を伝える同じ紙面に羽生善治永世七冠も掲載されていましたが、こちらは藤井聡太棋士に負けたニュースでした。

 「はにゅう」と読むのが一般的と、羽生善治氏は指摘しているそうです

at 07:43, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1390