<< にんにくゼロ餃子 | main | セロリ >>

カタルーニャ州独立仕切り直しクルドは?

 スペインからの独立を問う住民投票が憲法違反とされ、プチデモン前州首相らに逮捕状が出され、州議会が解散させられたカタルーニャ州で、州議会選挙が実施され独立支持派3党が135議席中70議席を獲得し過半数を制したと伝えられています。住民投票で独立支持派が圧勝しても独立に国際社会からの支持は得られず、プチデモン前州首相は逃亡先のベルギーから指揮を執る選挙戦で、再び独立派が過半数の支持を得たことでスペイン政府が強権的に独立を抑え込むことは難しくなりました。かと言って、スペインのラホイ首相が独立を認めるとは考え難く、混乱は続くものと思われます。

 カタルーニャ州の住民投票に先立って、イラクのクルド自治区でも独立を問う住民投票があり、圧倒的多数で独立が支持されましたが、イラク政府軍によりキルクークなどの支配権を奪われ、経済的に疲弊した自治区は混乱しているようです。こちらも住民投票に国際社会の支持は広がらず、自治区が孤立する事態となっています。基本的に国際社会は現状が変わることによる混乱を嫌いますから、当事者間で合意していない独立運動を支持することは難しいものと思います。国際社会の支持が得られない状況で当事国政府からの様々な圧力に耐えられる実力がなければ、独立運動を続けて成し遂げることは難しいでしょう。いずれにしても、当事者間の平和的な交渉でクルドもカタルーニャも事態が解決されることを期待します。

at 07:57, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1378