<< 安倍さんアシスト前原さん | main | 「老健」が、親の認知症からあなたを救う! >>

落ちるヘリコプター

 米軍海兵隊のヘリコプターが沖縄県東村高江で不時着し炎上したと報道されました。またかと思いましたが、今回はオスプレイではなく、CH53という大型輸送用ヘリコプターとのことです。乗員も含めて人的被害がなかったことは幸いですが、事故が続くと沖縄の人は大変不安になるものと思います。落ちるヘリコプターはオスプレイに限らないようです。今年の3月には長野県の防災ヘリコプターの墜落事故があったことも思い出されます。オスプレイの事故が圧倒的に多いように感じますが、機種ごとの延べの飛行時間が分からなければ正確な比較はできません。民生用のヘリコプターであれば安全性が最優先と思いますが、軍事用であれば軍事目的を達成するための性能が優先されることもあるのかもしれません。オスプレイに限らず、どのヘリコプターでも事故のリスクはゼロとはなりませんが、どの程度のリスクがあるのか、適切に運用されているのか、事故があっても日本政府が現場検証もできない米軍のヘリコプターだから心配になります。在日米軍基地を撤廃することはできないとしても、日本政府が事故を最小限とするよう運用させることができるよう地位協定を改定することが必要ではないでしょうか。

at 07:55, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1348