<< ひどいぞ日産 | main | 続十六の墓標 >>

東名カーチェイス容疑者逮捕

 東名高速道路で三車線の一番右の追い越し車線に停止させられたワゴン車に乗っていた、4人家族の夫婦がトラックの追突で亡くなった事故で、進路を妨害してワゴン車を停止させた男が逮捕されました。パーキングエリアでのトラブルから容疑者のカーチェイスで死亡事故に至ったようです。痛ましい事故で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

 進路をふさいだ容疑者の行為は許せないものですが、ワゴン車に事故を避ける方法はなかったのかと考えてしまいます。今回のカーチェイスの原因となったパーキングエリアでのトラブルに限らず、高速道路上での追い越しなど、意図しないことで理不尽な恨みを買ってカーチェイスを仕掛けられる可能性は誰にでもありそうな気がします。

 自分の運転テクニックや車の性能からはスピードを上げて逃げ切るようなことは不可能で、何とか相手に追い越してもらって、いなくなって欲しいところです。しかし、この事件のワゴン車のように進路をふさがれて停車させられたら、なすすべはありません。タラレバですが、停車が路肩であれば、死亡事故にはならずに済んだかもしれません。今後の教訓のためにも、追い越し車線での停車に至った全容の解明を期待します。

at 07:19, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1347