<< 国?国民?安倍首相が守るのは | main | 東名カーチェイス容疑者逮捕 >>

ひどいぞ日産

 資格のない検査員に完成車の検査をさせていたことが国交省の立ち入り検査で発覚し、リコールを届け出た日産自動車、人件費の安い期間従業員にも検査をさせていたことが分かり、品質や安全性よりも経費節減を優先していたものと思われます。輸出車の検査であれば国交省の制度に基づく検査員の社内資格も必要なく、国内販売のためだけに有資格者を育てる手間を惜しんだともいわれていますが、いずれにしてもコストをかけたくなかったのでしょう。浮いた人件費がゴーンさんら経営者の報酬となっていたとすれば「ひどいぞニッサン!」と言いたくなります。

 巨額なリコール費用とブランドイメージの毀損を考えれば、最終的には経費節減とならなかったでしょう。日本の製品はしばしば、過剰品質と言われましたが、品質のためにはコスト削減よりも過剰なくらいの手間をかけることが必要なこともあるように思います。

at 06:59, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1343