<< バブリーな再開発 | main | まさかの甲子園出場か? >>

今さらコンピューター将棋

 AI(人工知能)を使ったコンピュータープログラムがプロの棋士に勝つレベルまで強くなっているようです。最強の将棋ソフトは素人が気軽に使えるようなものではありませんが、将棋の素人には無料の将棋ソフト(アプリ)でも十分強く歯が立ちません。ソフトには強さの設定がありますので、レベルを下げると勝てるのですが、レベル2(このソフトの最強はレベル3)で一度も勝てていません。コンピューターが相手でも負けると悔しくて再戦し、かなりの時間を費やすことになります。プロ棋士ではありませんので、アプリとの対戦で多少将棋が強くなったところで役に立つ訳ではありません。スマホのゲームで時間を浪費しているのと大差ないでしょう。

 世の中はスマホのゲーム、ポケモンGoが社会現象にまでなっていますが、どんなゲームでも熱中してしまう心理には共通するものがあるように思います。その上で、誰もがやっていればゲームに時間を使うことについて自分を納得させる言い訳がしやすくなってブレーキがかからなくなってしまうでしょう。もちろん、立ち入り禁止地区に入るような迷惑行為がなければ、どれだけポケモンGoに時間を使っても個人の自由ですが、やめたくてもやめられない依存状態にならないようゲームとはうまく付き合う必要がありそうです。

at 07:14, kameriki, アンドロイド

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.kameriki.info/trackback/1083