プラダのセンス

 プラダのキャラクター製品が「黒人を侮辱している」との批判を受けて、販売を中止したと報道されています。キャラクターの画像を見ると、肌が黒く分厚い唇が強調されていて、黒人を侮蔑するときのステレオタイプの描画からデザインしたように見えます。「誰かを傷つける意図はなく、プラダはいかなる人種差別も拒絶している」と声明を出したようですが、販売前に会社で問題とならなかったのでしょうか。プラダのホームページにはほかにも奇妙なキャラクターの製品が載っています。他のキャラクターに人種差別的なものは感じませんが、どれも人気が出るとは思えない不思議なキャラクターです。ファッションのセンスとキャラクターデザインのセンスは違うのかもしれません。

 11月にはイタリアのファッションブランド、ドルチェ&ガッバーナが公開した動画が中国人に差別的と批判され、謝罪しました。中国での宣伝のために作った動画で、箸を使うアジア人を揶揄しているように見えるものを作って社内で批判されなかったのでしょうか。プラダとドルチェ&ガッバーナは異なる会社で、差別が批判された対象も違いますが、ファッション業界には差別的な意識が残っているのでしょうか。

at 07:25, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

エスカレーターの乗り方

 JR東日本が東京駅でエスカレーターの乗り方を呼びかけるキャンペーンを始めたそうです。エスカレーターは急いで歩く人のために片側を空けて乗るのがマナーと都会に出てきたときに、教えられた覚えがあります。右側を空けるか左側を空けるか東京と大阪で異なるというのもよく言われていました。しかし、エスカレーターを歩くことは危険で、2列で乗れるエスカレーターに片側を空けて乗ることは輸送効率を低下させます。左右どちらかの手すりにつかまって、2列で乗るのが正しい乗り方という情報はかなり広まってきたものと思います。それでも、この正しい乗り方はなかなか浸透しません。

 JR東日本だけでなく、他の私鉄も共同でキャンペーンをしたら、東京オリンピックに向けて一気に正しい乗り方が普及できるのではないでしょうか。一斉にやれば、マスコミの取り上げ方も違い、話題性も上がるでしょう。

at 07:15, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

辺野古の海が泣いている

 土砂投入が強行されました。

 フランスでは庶民のデモを受けてマクロン大統領が燃料税を撤回しましたが、安倍首相は沖縄の怒りの抗議を受け止めないのでしょうか。とても残念です。

at 07:18, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

河野外相大臣失格

 質問者を無視する記者会見、初めて見ました。安倍総理を始め、記者会見や国会答弁で質問にまともに答えない閣僚は多くいますが、質問者を無視した人は初めてではないでしょうか。12月11日の記者会見で河野外相は日露交渉に関する質問に対して、「次の質問どうぞ」と4回繰り返したようです。「交渉中のことで答えられない」とか、「コメントは差し控える」とか、他の大臣なら違う言い方をしたでしょう。答えられない事情があっても、その事情を伝えて理解を得ようとするのが大臣の責任のはずです。質問者を無視する態度は、常識が欠如しています。河野大臣にはがっかりしました。辞職に値します。

at 07:45, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

渦中の官民ファンド社長の辞任表明

 社長の高額報酬で設立した大株主の経産省と対立した官民ファンド、産業革新投資機構の社長が辞任を表明し、民間出身の取締役9人全員も辞任することが表明されました。社長は記者会見で経産省を批判し、問題となった高額報酬について会見で「仮に報酬1円でも来た」と述べて高額報酬に対する批判に反論しました。経産省に問題の責任があることは間違いありません。世耕大臣も謝罪していましたが、「事務的失態」というレベルで済む問題ではないでしょう。

 社長の高額報酬が報道されて経産省と社長の対立が表面化しましたから、黙っていては守銭奴のように思われると危惧したのかもしれませんが、「1円」発言は余計だったように思います。報酬が低くても構わないのであれば、経産省から高額報酬の見直しが表明されたときに減額を受け入れて話し合うこともできたはずです。辞めるということであれば、どのような理由を言っても「結局お金でしょ」と思えてしまいます。

 もちろん違法行為がなければ高額報酬自体が非難されることではありませんので、社長に落ち度はありません。

at 07:20, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

残念な貴ノ岩の引退

 日馬富士や貴乃花親方の引退につながる暴力事件の被害者だった貴ノ岩が、付け人だった弟弟子への暴力の責任を取って引退を表明しました。暴力は非難されるべき行為で、過去に被害者であったかどうかは関係なく責任を追及される行為です。日馬富士の暴力事件は力士引退となりましたが、日馬富士は品格が問われ、降格のない横綱の地位にあったため引退以外に方法がなかったとも言えます。貴ノ岩の暴力行為は日馬富士の行為と同様に非難されるべき行動ですが、横綱ではない貴ノ岩には引退以外の責任の取り方もあったはずです。反省し、相撲協会の処分を受け入れることを表明すれば、出場停止などの処分で十両もしくは幕下へ陥落しても力士としてやり直すことはできたでしょう。どのような心境にあったのか知る由もありませんが、引退はとても残念です。再起する姿を見たかったです。

at 07:18, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

改正入管法成立に見る与党議員の職場放棄

 自民党の下村博文氏は憲法改正推進本部長に指名され、憲法を変えることに熱心なあまり、言うことを聞かない野党議員を「職場放棄」と非難し批判されて謝罪しましたが、ろくな議論もせずに入管法の改正を成立させた与党議員の姿はまさに国会議員としての「職場放棄」に見えました。議院内閣制であっても日本は三権分立を標榜している以上、国会は内閣の下請け機関ではない筈です。与党議員であっても内閣の提出した法案の不備を指摘して議論するのが国会の役目のはずですが、野党の指摘に耳を貸さず、与党議員は内閣の提出した法案に賛成するだけの多数決要員に成り下がっています。与党議員には三権分立の意味をよく考え直してもらいたく思います。

at 07:42, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

金儲けの官民ファンドは必要か

 経産省が設立した官民ファンド、産業革新投資機構社長の高額報酬案について、経産省は自身が認めていた当初案を批判されて白紙撤回し、社長と経産省が対立している問題で、世耕大臣は事務的失態を理由に事務次官を厳重注意処分にしたと発表しました。ゴーン氏の逮捕で社長の高額報酬が注目されているところで、官民ファンド社長の高額報酬はタイムリーな話題を提供することになりました。官民ファンドの社長からすれば、「金儲け」という結果を出せば、そこから高額報酬を得ることに問題はないと考えているのかもしれません。しかし、政府が設立するファンドの目的は金儲けでしょうか。組織を維持するためにある程度の金儲けは必要ですが、民間のファンドと同様に利益追及が第一の目的であれば、安倍政権を支えている経済界が嫌う民業圧迫となってしまいます。

 高額報酬問題を機にこのファンドが本当に必要なのか考え直すべきでしょう。官僚としては天下り機関を一つでも増やしたいかもしれませんが。

at 07:07, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

分析しない法務省

 法務省が失踪した技能実習生から聞き取り調査した結果について、法務大臣が失踪の理由を偽って答弁し批判を浴び、野党は個別の調査票の開示を求めていました。法務省は開示を拒んでいましたが、国会議員に閲覧だけを認めてコピーを許可しなかったため、野党議員が書き写して独自に集計分析しました。その結果、失踪者の67%が最低賃金割れだったと発表しています。法務省は同じ調査結果から、最低賃金以下は0.8%と公表していましたから、大きく異なっています。法務省が公表した0.8%は失踪理由の選択肢で「最低賃金以下」にチェックした人を単純に公表したようです。野党議員は個別調査票の「1週間あたりの労働時間」と「月給」の回答を基に算出したそうです。失踪者が最低賃金の額を知らなかったら、自ら「最低賃金以下」の選択肢を選ぶことはできませんから、漏れている人がいることは容易に想像できます。法務省の担当者が調査結果について何も分析せず単純に集計しただけとは思えません。分かっていて問題を少なく見せるために小さな数字を公表したか、もしくは分析すれば問題が発覚するためわざと分析せずに単純集計の数値を公表したのでしょう。現状の技能実習制度に大きな問題があることは明らかです。入管法を改正するのであれば、技能実習制度は同時に廃止すべきです。

at 07:14, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

辺野古土砂投入再考を

 辺野古の新基地建設、台風で被災した本部港が使えない影響で、埋め立て工事が止まっていましたが、近くの民間港の桟橋を使って土砂を積み出し埋め立て工事を進める予定と報道されています。年内にも土砂投入を始める計画とのことで、来年2月に予定されている辺野古移設の賛否を問う沖縄の県民投票の前に既成事実を作ってしまいたいようです。沖縄の訴えはすべて無視して、新基地建設に突き進んでいますが、回復が難しい自然破壊をもたらす土砂投入の前に、立ち止まって新基地建設以外の方法を模索すべきです。

at 07:20, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -