現実になってしまった台風被害

 気象庁が警告していた巨大台風19号、気象庁の観測、予想に間違いがないことは分っていましたが、実際に台風が来るまで災害は想像できませんでした。大規模な河川が一度に何か所も氾濫した現実に唖然としてしまいました。

 当地は進路から外れていて、幸い大きな被害はなかったようですが、各地で亡くなられた方への哀悼の意を表し被災された方にお見舞い申し上げます。

 新幹線も浸水した洪水被害の映像の衝撃が強いのですが、巨大台風19号は暴風域も広く各地で風の被害も多かったのではないでしょうか。政府には被害の全容を把握し、逸早い復旧と温暖化により今後も発生が予想される巨大台風への有効な対策を主導してもらいたく思います。災害対策に与野党の相違はないでしょう。科学的に有効で費用対効果の高い方策を検討する必要があります。

at 08:15, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

半世紀前の地形を見てみよう

 一部自治を除いて各自治体から大規模盛土造成地を示すマップが公表されています。地震や大雨での地滑りのリスクを正しく知って

おくことは適切な避難行動のためにも必要です。大規模ではない造成地でも場合によっては大地震の際の液状化のリスクなどがあり、宅地開発をした住宅地で家が建つ前の状況を知ることは購入前に参考となるでしょう。近所に住んでいるお年寄りなら半世紀前の状況を知っているかもしれませんが、聞けない時もあります。国土地理院のサイトで、半世紀前、正確には49年前の1970年に撮影した白黒の航空写真を見ることができます。1975年に撮影したカラー写真も見られます。このカラー写真は「統計GIS」というサイトで現代の地図と並べて閲覧することもできます。ちなみに我が家の50年前は田んぼでした。残念ながら購入前は知りませんでした。

at 08:35, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

ハザードマップを見てみよう

 各地で毎年水害が相次いでいます。温暖化で集中豪雨が増え大規模な水害は今後も増えることが予想されます。ハザードマップと言えば地震や津波というイメージがありましたが、洪水に対するハザードマップも整備されています。頻繁に大雨、洪水の警報が出される状況で、市町村から避難指示が出された時、自治体の指定する避難所まで移動するか自宅に留まるか判断するためにも洪水で想定される最大浸水深を知っておくことは重要です。0.5m未満であれば非難する必要はありませんが、0.5-3mであれば避難所に行くか少なくとも2階以上への垂直避難をする必要があるでしょう。国交省のハザードマップポータルサイトに各地のハザードマップへのリンクがあります。一度確認されることをお勧めします。

at 07:27, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

残念な河村市長

 卑劣な脅迫によって生じた安全性の問題などで中止されていた、あいちトリエンナーレの「表現の不自由展」、会期が残り1週間となった10月8日、入場者数を制限するなど安全性に配慮した方法で再開されました。実行委員会会長である大村愛知県知事をはじめとして再開に尽力された関係者に敬意を表し、再開されたことを祝福します。芸術作品が脅迫によって展示できなくなるという悪しき前例の一つとなっていましたが、芸術家や芸術祭の関係者など市民の力で不当な圧力を跳ね返す良い前例となるのではないかと思います。

 残念なのは、河村名古屋市長です。実行委員会の会長代行といういわば主催者側の立場にいる人なのに、再開に反対し、座り込みのパフォーマンスまでしました。河村市長が展示作品に否定的な評価を下すことは自由でその評価を表明することも自由です。座り込みのパフォーマンスもいわば表現の自由で保障されている行為でしょう。しかし、河村市長が脅迫によって芸術祭の一部が中止されたことを評価しているとしたら、市長として、政治家としてふさわしくないと言わざるを得ません。河村市長は、展示が再開されたことを評価し、その上で展示内容が気に入らなければ、鑑賞した自身の感想として述べるべきでした。結果的に脅迫という犯罪行為を助長するような、「表現の不自由展」の再開に反対するパフォーマンスはとても残念です。

at 07:41, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

現金が必要なキャッシュレス

 消費税増税とともに始まったキャッシュレス決済に対するポイント還元制度、購入額の5%もしくは2%がポイントで還元される制度ですが、中小企業だけが参加できる制度ですから、対象となっている小売店の販売価格が大規模店より5%以上高ければわざわざ買いに行くメリットはありません。「○○ペイ」の還元競争も傍観していましたが、いつも買いに行くスーパーが楽天Edy支払いだけポイント還元するとのこと。いつもはクレジットカードで払っていましたが、クレジットカード支払いはこの店ではポイント還元の対象とならないとのことで、Edy支払いを試みることにしました。Edyで支払うためには予めEdyに金額をチャージしないといけません。このスーパーのポイントカードがEdy付き楽天ポイントカードなので、このカードにチャージしようとしました。クレジットカードからチャージするためにICカードリーダーやソフトなどの環境を整えて、このEdy付き楽天ポイントカードを読み取らせたら、このカードは現金以外チャージできないとのこと。現金を使わずに支払いができる便利なキャッシュレス決済のはずが、現金がなければ利用できないとは皮肉な話です。

 幸い別のEdyカードにはクレジットカードからもチャージできましたので、このEdyカードと楽天ポイントカードの2枚で対応するか、楽天ポイントカードに現金からチャージするか、いずれにしても便利なキャッシュレスとは言えません。

at 08:00, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

ルール無視の総務省

 泉佐野市を新しい「ふるさと納税制度」から除外した総務省、泉佐野市の訴えにより国地方係争処理委員会が除外の再検討を求めたのに対して除外を継続すると発表しました。もともと法改正前の行為を問題にして後出しじゃんけんで除外した総務省に問題があり、見直しを要求した国地方係争処理委員会の結論は妥当なものでした。高市総務大臣は聞く耳を持たないようです。泉佐野市は提訴するようですから、高裁には速やかに総務省の不当な処置を糺してもらいたいものです。日本でも三権分立が機能し、司法が政権の暴走を止められると示すことを期待しています。

at 07:40, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

表現の不自由展再開に賛意

 あいちトリエンナーレ実行委員長大村愛知県知事が「表現の不自由展」再開の方針を示してから1日約200件の抗議電話を受けていると明らかにしました。もともと中止した理由として脅迫による安全性の問題と抗議電話による業務への支障を上げていましたので、再開表明によって抗議電話が来ることは予想されたことではあります。しかし、この抗議電話の数だけ報道されると、多くの人が嫌がっていることを実行委員が強行しようとしていると誤解されるかもしれません。再開を喜んでいる多くの人はわざわざ電話をすることはなく、抗議電話を受けている担当者は再開反対意見ばかり聞かされていたとしても悲観する必要はありません。展示内容への賛否にかかわらず、圧倒的多数は展示を再開することに賛成しています。表現の自由が脅かされる前例を増やしたくないから、再開に賛成します。

at 08:03, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

忖度NHK経営委員

 かんぽ生命の不正販売問題を取り上げたNHKの番組「クローズアップ現代+」について日本郵政グループの抗議を受けて続編の放送が延期され情報提供を求める動画が削除されたことが報道されました。ガバナンスの問題について抗議を受け、経営委員長が上田会長に注意したとも伝えられました。番組制作への影響は否定していますが、実際に変更されたことを考えれば、NHKが日本郵政の圧力に屈したのは明らかです。抗議をした日本郵政にはあきれますが、圧力に屈したNHK経営委員や会長もいかがなものかと思います。日本郵政には元総務省事務次官の副社長がいて、NHKは政権からの圧力を忖度したのかもしれません。圧力に弱いNHKでは報道機関としての存在意義が問われます。

at 07:16, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

すごい音声合成技術

 デジタル技術で美空ひばりに新曲をうたわせるコンサートをNHKが企画し、その模様をNHKスペシャルで放送していました。歌っている姿はCGで作成してホログラムで再現し、歌声はヤマハの技術者がディープラーニングを使って学習させたAIで合成していました。秋元康氏が新曲の作詞とプロデュースを担当して、このコンサート用に語りの入った新曲を用意していました。

 新曲には語りが入っていますが、これまでの歌では語りのデータが少なく、ひばりさんが息子さんのために朗読していたカセットテープを提供してもらってデータとしていました。しゃべっているデータはNHKにたくさんあると思いますが、息子さんへの読み聞かせのための録音を息子さんが保存していたというのもテレビ的には一つの発見だったのかもしれません。

 最初に合成した歌声は美空ひばりさんの声になっていましたが、ファンも秋元康氏も美空ひばりさんのように感動させる歌にはなっていないと言っていました。美空ひばりさんの歌声を専門家が分析して、ひばりさんは特定の歌詞で高周波域の倍音を混ぜて発声していたことが分かり、さらに、ヤマハの技術者がひばりさんは意図的にリズムをずらして歌っていることにも気が付きました。ディープラーニングの結果を新曲の歌声に反映させる際にこれらの特徴が出やすいプログラムに変更して、ひばりさんの感動的な歌を完璧に合成しました。

 コンサートでは招待された観客が感動し涙を流している方もいました。テレビで見ると、映像は「やっぱりCGだな」と思うようなところがありましたが、コンサート会場で離れた位置から見ていたら、本物のように見えたのかもしれません。歌は完璧でした。

at 07:25, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

安倍さん嘘はやめましょう

 日米貿易協定が合意に達し、共同声明に署名したと報道されました。安倍首相は「ウィンウィンの合意」と言っていましたが、嘘はいけません。ウィンウィンといえば米国も日本も利益が得られる協定ということになりますが、日本にとっては必要のない合意で一方的に農産物の関税引き下げを飲まされたのが実態です。関税の引き下げがTPPの水準で収まったことで何か日本も成果が得られたように思わされていますが、協定に署名しなければ、関税を下げる必要もありません。自動車に25%の関税をかけると脅されて、やむを得ず言われる通りにしたと正直に説明すべきです。実際の交渉では安全保障などいろいろなことで脅されたかもしれませんし、為替条項など米国から無理難題を押し付けられる前に合意してしまおうと忖度したかもしれません。国会で追及されるものと思いますが、ウィンウィンなどと繕わず、正直に話して、合意が妥当かきちんと検証すべきです。

at 07:51, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -