親の自転車問題

 高齢者ドライバーの加害事故が大きく報道され、高齢の親に如何に免許返納を促すか頭を悩ませている人も多いと思います。私の親は免許を持たず自動車の運転はしていなかったので安心していました。

 介護のために実家に帰っていたら、県の条例で自転車損害保険の加入が義務付けられましたとCMで宣伝していました。父親は今でも自転車に乗っていますが、自転車保険について聞いてみると「そんなものは知らない」とのこと。条例ができたと言っても「誰も説明に来ていない」と訳の分からないことを言っていました。昔から民間の保険が嫌いで生命保険なども一切かけていない人ですから、「保険に入るか自転車の運転をやめるかどちらかにして」と言っても、「どっちもしない」と埒が明きません。

 自転車損害保険について調べてみると、単独でかけるものは年齢制限があり、火災共済や生命保険、自動車保険などの特約として掛けるのが一般的のようです。全てかけていない父親に新たに保険を掛けさせることは難しく、結局、自転車の点検整備をして付けてもらうTSマークの付帯保険で代用することとしました。これで条例の義務はクリアできましたが、TSマークの付帯保険は被害者が死亡か1〜7級の重度後遺障害の時しか賠償責任補償の対象となっていないため、多くの事故では保険金は下りないようです。ネットでも多くの人が不十分と評価していますが、点検を含めて3000円程度で最大1億円補償の赤色TSマーク(1年間有効)をつけられたので、コストパフォーマンスは高いものと思います。対象にならないような事故の場合は自力で賠償する覚悟であれば、赤色TSマークの付帯保険も一つの選択肢でしょう。

 自動車ほどではなくても自転車でも重大な加害事故は起こっていますから、老親の自転車運転は免許返納と同様に放置できない問題でした。保険の加入だけで解決というわけにはいきませんが、条例はいいきっかけになりました。父親が自分から運転をやめるまで事故をおこさないことを祈っています。

at 07:15, kameriki, 介護

comments(0), -, - -

介護交替

 姉の同居家族のコロナ感染疑いで急遽、両親の介護に行っていましたが、予定通り2週間で交替して自宅に帰ってきました。2週間の間に緊急事態宣言が全国に拡大され、都道府県をまたぐ移動の自粛が呼びかけられる中でしたが、自家用車で帰宅しました。なるべく外出を控えて閉じこもるには実家より自宅の方がはるかに適していますので、大型連休の前に帰ってきました。

 今回は姉に症状はなく、幸い家族の症状も回復しましたのでPCR検査は受けられず感染の有無は不明のままですが姉が介護に復帰しました。しかし、全国で感染が拡大していて、姉も私も、訪問介護のヘルパーさんも感染する可能性があり、現在の介護体制がいつ破綻してもおかしくありません。その時を想定して備えるべきとは思いますが、そこまで考えられません。その時が来たらケアマネージャーさんと相談して何とかするしかないでしょう。介護施設などの集団感染で高齢者が亡くなっていて、私の両親にとっても他人事ではありませんが、できることをして起こった結果を受け入れることになるのだろうと思います。

at 07:44, kameriki, 介護

comments(0), -, - -

急遽介護

 母の介護、離れて住んでいることを言い訳に近くに住んでいる姉にまかせっきりにしていました。姉の同居の家族に発熱があり、姉に症状はないのですが、自主的な2週間の自宅隔離で急遽、母の介護を交替することになりました。発熱のあった家族は、帰国者接触者外来に連絡しても「様子を見てください」とのことでPCR検査は受けられませんでしたので、COVID-19感染の有無は分かりません。幸い熱も下がりましたが、無症状の感染者もいますし、症状がぶり返すこともあるようですから、とりあえず2週間は様子を見ます。

 安倍首相がなぜ宣言を躊躇しているのか分かりませんが、東京での感染者の急増は明らかに緊急事態です。我々は感染しないよう感染させないよう、できることをやるだけです。

 

 介護のため2週間、拙ブログをお休みします。

at 06:55, kameriki, 介護

comments(0), -, - -

介護は臨機応変に

 母の介護に行っていた実家から昨日帰ってきて、ブログを再開しました。日曜日に帰ってくる予定でしたが、代わりの介護者がインフルエンザにかかり、二日間延期しました。今回の介護期間には私の身内で不幸があり、急遽、葬儀にかけつけて介護を代わってもらっていましたので、急な予定変更もお互い様でした。

 介護は終了期間の予定が立てられません。臨機応変に対応しながら継続していくしかないものです。そのためにも関わる人を増やし必要な時に交代できる体制が重要と感じました。

at 15:40, kameriki, 介護

comments(0), trackbacks(0), - -

ブログ再開

 母の介護のため約2週間、拙ブログを休んでいましたが、昨日から再開しました。

 身体能力の衰えは否めませんが、デイサービスに通える程度まで回復しましたので、姉に介護を任せて家に戻ってきました。次は、10月に行く予定です。それまでの間、暫くおつきあいください。

at 07:16, kameriki, 介護

comments(0), trackbacks(0), - -

介護休業

 介護に緊急事態はつきものです。

 要介護者の母が、腰痛でデイサービスに通えなくなり、暫く介護のために実家に行くことになりました。拙ブログは明日(8月30日)から暫くお休みします。

at 07:17, kameriki, 介護

comments(0), trackbacks(0), - -

介護休業

 大型連休で実家に帰り、約1か月、母の介護に携わる予定です。その間、拙ブログもお休みして、6月にまた再開する予定です。

at 08:00, kameriki, 介護

comments(0), trackbacks(0), - -

非課税世帯のおむつ券

 障碍者の介護には様々な自治体の支援があります。身体障害者手帳を取得すると、1回の利用で500円割引となるタクシー券が取得できたりします。今回、私が担当した約1か月の介護期間の間に行う大きな項目として、エレベーターが使用できない期間の移動手段の確保と、通院、それから「おむつ券」の取得がありました。結果的に2件の通院はできましたが、おむつ券はできませんでした。

 排泄に介助が必要な被介護者に紙おむつは必須です。特に、夜間は排泄のたびにトイレに連れていくことは不可能で、10回分吸収可能とされているかなり分厚いパットを紙パンツに入れて寝てもらっています。夜間に使用するパットは毎日1枚、昼間に使用しているパットも1日1枚程度は使用しています。これら、紙おむつの費用の一部を補助してくれるのが「おむつ券」です。対象は所得税非課税世帯の障害者で、うちも該当するものと思い、役所に申請に行きました。

 前回、所得税がゼロとなっている世帯主の源泉徴収票を持って行って、担当者に確認したところ、「役所の端末上では非課税世帯に該当していない。」とのことでした。前年度の収入で判定されるため、年度が替われば対象になるだろうとのことで、今回、再度申請を試みました。ところが、今度も非課税世帯に該当しないとのこと。納得できず、担当者に前回のやりとりを確認したところ、税金の担当部署で確認するように言われました。税金の窓口で分かったことは、源泉徴収で所得税はゼロだが、確定申告すれば、ゼロにはならないということでした。しかし、これまで脱税していたわけではなく、年金が少なく年金以外の収入もないため、確定申告する必要はなくて合法的に所得税ゼロの世帯でした。それでも、確定申告すれば、所得税がゼロとならないため、所得税の非課税世帯には該当しないとの結論です。厳密に計算すれば、所得税非課税世帯かどうかはわかるはずですが、源泉徴収票で所得税がゼロであれば、非課税世帯と思う方が普通ではないでしょうか。福祉の担当窓口の人も知らなかったのですから、この所得税非課税世帯の定義は難しすぎます。

 結局おむつ券を申請することができませんでしたが、配偶者控除に障害者控除を追加すると年金への課税対象額が少なくなり、所得税非課税世帯となるはずとのことでした。こちらは基本的に税務署への申告で、煩雑な手続きが必要となりそうです。補助してもらう立場でわがままも言えないのですが、自治体の支援を受けるには事務処理能力と労力が必要です。

at 07:32, kameriki, 介護

comments(0), trackbacks(0), - -

介護休業

 本年も拙ブログをお読みいただきありがとうございました。

 年始より介護で家を離れる予定です。拙ブログも暫くお休みし、2月5日から再開する予定です。よろしくお願いいたします。

 

 皆様、良いお年をお迎えください。

at 08:21, kameriki, 介護

comments(0), trackbacks(0), - -

介護休暇

 明日から介護のために拙ブログを一か月お休みします。再開は11月24日の予定です。

at 08:00, kameriki, 介護

comments(0), trackbacks(0), - -