クー・クラックス・クラン 白人至上主義結社KKKの正体

 トランプ大統領の登場で再び注目されている米国の白人至上主義結社クー・クラックス・クラン(KKK)について、主にその歴史を記した本です。著者はKKKを3期に分けて解説しています。第1期の始まり、すなわちKKKの結成は南北戦争の終了後間もない1866年、テネシー州プラスキという町で、元南部連合軍兵士だった若者6名によるイタズラ集団だったそうです。著者によると、この当時のKKKについて確かな資料が残っているわけではなく、本書でも「うわさ」として扱っています。南北戦争の結果、黒人の選挙権が認められ黒人票により共和党が支配するようになった南部の政治状況でKKKは白人の既得権益層を守ろうとする自衛的な組織だったようです。共和党員や黒人をターゲットにしたKKKのリンチ活動で投票が阻まれ選挙で民主党の議席を増やす結果につながったようです。当初米国でのリンチは黒人だけが標的ではなく1882年から85年の4年間では白人のリンチ被害者が黒人の3倍多かったのですが、1886年から逆転し、それ以降は黒人が主にリンチの対象となっていったそうです。KKKの暴力行為が連邦政府の取り締まり対象となり連邦軍が派遣され、1869年KKKの代表が解散を宣言して第1期KKKの組織的活動は終了したとされています。その後、各地の独自活動がエスカレートしましたが、1870年制定されたいわゆる「クラン対策法」による連邦政府の取り締まりで消滅させられたようです。

 米国社会は都市化と移民の流入が進み、危機感を抱いたアングロサクソンによる移民排斥論がおこりました。中国人や日本人に対する移民制限が実施される社会背景を受けて、1915年アングロサクソンの優越を唱えたウィリアム・ジョゼフ・シモンズによってジョージア州でKKKの復活が宣言されたそうです。この第2期のKKKではリンチもありましたが、慈善活動や娯楽行事、ねずみ講まがいの勧誘などで会員を増やし、最盛期の1924年には数百万人の会員がいたそうです。幹部の婦女暴行事件、権力争いの裁判により露わになった幹部の金満とKKKが主張していた移民制限が実現した社会背景で会員数が激減し1930年代には第2期が終了したようです。1960年代、黒人の地位向上を目指す公民権運動を阻止する目的で各地の残党が結集し、黒人に対する暴力集団としての第3期が始まるようです。

 秘密結社の性格上、取材しても全貌が明らかとなるはずもなく、現在のKKKが第1期の後継と見なせるのか異論もあるかもしれませんが、奇妙な衣装で仮装をするところは第1期から共通しているようです。秘密結社と言えばフリーメーソンが有名ですが、米国社会では相互扶助のための互助会として秘密結社が19世紀に盛んとなったそうです。

新書827クー・クラックス・クラン (平凡社新書)

新品価格
¥864から
(2018/11/16 07:37時点)

クー・クラックス・クラン 白人至上主義結社KKKの正体 [ 浜本 隆三 ]

価格:864円
(2018/11/16 07:38時点)

at 07:38, kameriki, 書籍紹介

comments(0), trackbacks(0), - -

美肌県富山

 毎年ポーラが自社で集めたデータにより発表している美肌県グランプリ、2018年の1位は島根県でした。昨年1位だった富山県は4位と健闘しました。2018年の2位は秋田県、3位は石川県と富山県も含めていずれも日本海側の県です。やはり、冬場に乾燥しにくい環境が肌に良いのだろうと思いましたが、評価項目の「肌がうるおっている」は富山県では38位でした。2018年のデータで「肌がうるおっている」について島根県は1位ですが、秋田は24位、石川では12位と、必ずしも冬の湿度だけで美肌となっているわけでもないようです。島根県のお隣の鳥取県は43位と美肌偏差値が低かったのも興味深いところです。環境は大きな要因ですが、ケアによって結果は変わるということなのでしょう。

at 07:14, kameriki, 富山

comments(0), trackbacks(0), - -

天が止めた辺野古工事

 沖縄県による埋め立て許可の取り消しを脱法的な国交大臣の指示で執行停止し再開した辺野古新基地埋め立て工事、玉城県知事の申し出により沖縄県と政府との協議は決まりましたが、政府は協議中も工事は止めないようです。埋め立ての土砂投入が始まれば、仮に協議で新基地建設を取り止めにしても環境破壊は元に戻せません。政府は初めから協議でこれまでの方針を変えるつもりはないことが見え見えです。沖縄県に政府の強引な工事を止める手段があるのか、悲観的になってしまいますが、辺野古の海への土砂投入が年内は困難になったとの見通しが出ています。埋め立てのための土砂を積み出す港が台風で損壊し使えない状態とのことです。

 一度立ち止まって新しい解決策を検討するように天が止めてくれたのではないでしょうか。

at 07:15, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

シリア難民を認めない異常な裁判官

 シリア難民を難民と認めない政府の姿勢に怒りを感じますが、裁判官も難民と認めませんでした。シリアから逃れたクルド人が日本で難民申請し認められませんでしたが、人道的な日本残留が認められ、難民と認めない政府の判断を不服として裁判所に提訴していました。東京地裁に続いて高裁も難民認定を認めなかったと報じられています。

 シリアで反政府活動をしたクルド人というだけで、母国に帰れば迫害を受ける可能性が高いことは明らかです。政府が厳しい難民認定を維持しても、司法には異なる判断があるものと思っていました。しかし、日本の司法は政府に追随するだけだったようです。落胆しました。難民は受け入れないのに、政府は拙速に法改正してまでも、移民を受け入れるのでしょうか。

at 07:15, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

こにゅうどうくんの組織票

 今年度のゆるキャラグランプリにエントリーしている「こにゅうどうくん」に、三重県四日市市の市役所職員がフリーメールで大量にIDを作って組織票を投じていたとのニュースが流れました。職員はこにゅうどうくんを応援している市民に迷惑をかけたと謝罪し、エントリーを続けるかどうかはグランプリ実行委員の判断に任せるとのことでした。組織票がどの程度寄与したかはわかりませんが、こにゅうどうくんは現在1位です。ゆるキャラグランプリで実行委員が組織票を禁じているとは思いませんので、市役所職員の行為は許されるのではないでしょうか。むしろ涙ぐましい努力に思います。組織票が認められ、最終的にグランプリとなるかはわかりませんが、組織票がニュースに取り上げられて、こにゅうどうくんの宣伝にはなったでしょう。もっとも、仮にグランプリが獲れても人気が定着するかどうかは分かりません。組織票のイメージが付けば宣伝が逆効果となる可能性もあります。個人的な感想ですが、キャラクターの見た目もかなり厳しいかもしれません。

at 06:40, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

ふざけたポイント還元案

 消費税率引き上げによる景気減速を緩和する措置として、キャッシュレス決済の消費者に消費税がアップする2%分をポイントで還元する案を検討中と伝えられています。景気対策と併せて、キャッシュレス決済を増やそうというのが政権の魂胆のようです。現金決済の比率が高い日本人の購買行動をキャッシュレスに変えたいようですが、そもそもキャッシュレスの方が優れていると考えているのが気に入らないところです。現金を使うかカードを使うかは本人の好みで、日本で現金が好まれるのは紙幣に対する信頼性が高いことの裏返しでもあります。小売店からするとポイント還元に釣られてキャッシュレス決済システムを入れると、そのあとずっと手数料が取られるというのは、安いと思ったら定期契約が条件で初回だけ安くて2回目から高いものを買わされる詐欺まがいの通信販売と似ています。

 社会保障費をはじめとして増加した国家予算で膨れ上がった借金を返して、財政再建を進めるための増税なのに、ポイント還元で使ってしまったら、元も子もありません。そのような税金の使い方をされると、将来への不安は募るばかりで、消費は増えないでしょう。ポイント還元のようなふざけた景気対策はやめてもらいたいものです。プレミアム商品券も無駄です。

at 07:08, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

分断の米国

 米国の中間選挙、上院は予想通り共和党の勝利でしたが、下院は民主党が過半数を奪還しました。両院でいわゆるねじれ状態となり、米国の政治が混迷することが予想されます。内政がままならなくなったトランプ大統領が対外的にさらに理不尽な要求をしてくることも考えられます。日米関係さらには世界平和にとって、プラスになるかどうかは分かりませんが、トランプ大統領を認めない人が米国にも過半数いたと分かったことは希望が持てます。2年後に大統領選挙でトランプ政権が終わる可能性も見えてきます。内政がままならない原因を下院の民主党のせいにすることができるので、トランプ大統領の再選にとっては好都合という人もいます。いずれにせよ、米国にはトランプ大統領を支持する多くの人々が存在していますので、今後の米国政治がどのようなものになっていくのか注視していく必要があります。

at 07:21, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

徴用工問題取りあえず放置

 韓国で最高裁が徴用工に対する日本企業の賠償請求を認めた問題で、安倍首相をはじめとして外相や官房長官などから、勇ましい発言が続いています。日本にとって理不尽な判決ですが、韓国の裁判に日本が口出しできるものでもなく、確定判決を覆せるものでもありません。日本政府としては、判決が受け入れられないことを表明したことで、今後韓国政府がどのような対処を示すか様子を見るしかありません。韓国政府が国民感情を考慮しているのであれば、暫く冷却期間を置くしかないのかもしれません。韓国政府が、賠償金を取り立てるために、財産の差し押さえなどの措置に出れば、日本政府として放置できませんが、当面は韓国民の感情を刺激するような発言を控えて放置するのが良いでしょう。

 理不尽な韓国に毅然として対処するのであれば、理不尽な米国に対しても毅然とした行動をとってもらいたいものです。

at 07:21, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

五十肩と肩こり

 半年以上、五十肩に苦しんでいます。これが二回目で、前回は受診後に痛い方の腕を意識的に動かしていたら、1年ぐらいでいつの間にか治っていました。今回も同じだろうと思って、運動を続けていますが、なかなか良くなる気配がありません。最近は、同じ肩に激しい肩こりもあり、首が十分に回らない状態です。暫く、パソコンとの付き合い方を変えなければと考えています。

at 07:22, kameriki, 雑感

comments(0), trackbacks(0), - -

富山の祭り 町・人・季節輝く

 富山には多くの祭りがあります。八尾の「おわら風の盆」は有名ですが、それ以外にも2016年に「山・鉾・屋台行事」としてユネスコ無形文化遺産に富山県から選ばれた高岡御車山祭、城端曳山祭、魚津たてもん祭りもあります。本書には、上記に加え、福野夜高祭、伏木曳山祭、岩瀬曳山車祭、となみ夜高まつり、さんさい踊り、つくりもんまつり、放生津(新湊)曳山祭の合計11行事が章立てで紹介されています。さらに、コラムで子供曳山祭り(富山市四方)、高砂山願念坊祭り(富山市下大久保)、八尾曳山祭、五箇山麦屋まつり(南砺市下梨)、こきりこ祭り(南砺市上梨)、布橋灌頂会(立山町芦峅寺)、ネブタ流し(滑川市)、ヤンサンマ(射水市加茂)、邑町のサイノカミ(入善町上野)が取り上げられています。さらに、「富山の祭りを概観する」と題した第1章では上記以外に、オーベッサマ迎え、山の神祭り(黒部市宇奈月町下立)、築山神事(高岡市二上)、氷見祇園祭(氷見市)にも言及されています。

 曳山は京都の祇園祭の山・鉾のような大きな造形物を曳き回す行事で、曳き回すものは「山車」もしくは「山」と書いて、北陸では「やま」と読むようです。「山車」と書いて「だし」と読むと、子どもの頃に覚えていましたので、関東では主に「だし」と呼んでいるのでしょう。富山県は曳山行事が多いように思っていましたが、1997年宇野氏の「加越能の曳山祭」によると「越中の曳山91輌、庵屋台14基、行灯の山車約100基、これらを加えた総数は200ほどで、県レベルでは多い数ではない」と本書に紹介されています。

 高岡の御車山祭は1610年の創始と伝承される全国でも歴史のある曳山祭りのようです。高岡の町衆は近隣の町が御車山に類似した山車を創ることを許さず、金沢に曳山祭りがないのはそのためとのことです。富山の曳山祭りは造形物の優雅さを競って見せるものと、異なる町内の曳山同士が相対して争う「けんか山車」タイプがあります。本書に記載されている中では、福野と砺波の夜高祭り、伏木と岩瀬の曳山がこのタイプです。福野夜高祭では二日目(最終日)にすれ違う際、互いの行燈を壊しあう「引き合い」をし、となみ夜高まつりでは初日に「ヨータカ」と呼ぶ行燈の造形美を競い、2日目は「突き合わせ」でヨータカをぶつけ合います。伏木では「かっちゃ」、岩瀬では「曳き合い」とよぶ山車のぶつけ合いをします。岩瀬で山車は「たてもん」と呼ばれ、魚津のように本来、背の高いものでしたが町に電線が張られて背が低くなったようです。青森のねぶた、弘前のねぷたも同様で、青森でも背は低くなりましたが、道幅が広がったことにより横に大きくなっていったようです。岩瀬では道幅が狭く台車が固定されていたため大きくならなかったそうです。

 魚津のたてもんは車輪がなくソリ台に載せた大万燈をアスファルトを削りながら人力で曳き回すようです。

 夜高祭りや岩瀬の曳山などでも青森のねぶたのような造形物を曳き回しますが、滑川のネブタ流しでは装飾した藁大松明に火をつけて海上に流すようです。柳田國男によれば、滑川がねぶたの日本海側南限で「ネムタ流され、朝起きやれ」と言いながら子供たちが村中を回って松明を運ぶ、この行事が「ねぶた」の原形のようです。

 富山も多くの町で人口が減少し伝統の祭りを継承することは簡単ではありませんが、ボランティアの助けを借りるなど、どの町でも創意工夫をしながら祭りを維持しているようです。

富山の祭り 町・人・季節輝く [ 阿南透 ]

価格:1,944円
(2018/11/5 07:30時点)

at 07:32, kameriki, 書籍紹介

comments(0), trackbacks(0), - -