やってる感も引き継いだ菅首相

 安倍首相が長期政権で高い支持率を保ち続けられた要因として、アベノミクスに始まり女性活躍、一億総活躍、働き方改革等々、次々と新しい看板を掲げ「やってる感」を出すことに成功したことが挙げられます。あくまで「やってる感」で実際にやったかどうかは関係ありません。成果は上がっていませんので実際はやっていないに等しいかもしれませんが、「やっている感」を出すことに成功すると、成果が上がらなくても「一生懸命やったのだから仕方がない」、「他の人だったらもっと悪かっただろう」と思わせることができます。拉致問題も北方領土問題も何一つ進展せず、日韓関係を最悪にしトランプ大統領には貿易協定や安全保障問題でいじめられても、安倍首相が外交で評価されているのがその典型でしょう。

 菅首相は安倍政権の政策を引き継ぐと言って総裁になりました。森友・加計問題などを隠蔽した体質や強権的に憲法に反する政策を進めた安倍政権の「負の遺産」も継承することを批判されていますが、「やってる感」の継承はあまり指摘されていないようです。総裁選で「ふるさと納税」を自身の成果として誇っていましたが、問題だらけのこの制度を地方創生の切り札のように喧伝するのはまさに「やってる感」でしょう。利用している高額な住民税を払っている富裕層には恩恵の多い制度で、利用していない人には自分に関係ないと思わせて反対させないことに成功しています。しかし、徴収された貴重な住民税が行政サービスに利用されず、高額納税者への返礼品に化けている点で利用していない人を犠牲にしています。「デジタル庁」新設で行政サービスのデジタル化が促進されるかどうかは分かりませんが、これも安倍政権から引き継いだ看板を掲げる手法の典型です。不妊治療の保険適用に反対はしませんが、これを少子化対策として掲げるのは、まさに「やってる感」です。少子化対策であれば、遠回りでも選択的夫婦別姓の導入や東京一極集中の解消の方が効果が高いのではないでしょうか。

at 07:54, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

河井克行議員の時間稼ぎ

 河井案里議員の参議院選挙での買収の罪に問われた公職選挙法違反事件、河井克行議員が弁護団を解任し、公判が止まりました。東京地裁は夫婦の裁判を分離して案里議員の公判を進め、克行議員の公判日程は取り消したとのことです。弁護人が意に沿わない弁護をしたり能力に疑問を感じたりすれば解任するのは正当な権利ですが、裁判が終了して有罪が確定するまで河井克行氏が辞職しない限り衆議院議員であり続けられることが気になります。時間稼ぎをすれば、克行氏には高額な歳費が払われ続けることになるからです。判決が確定するまでは無罪が推定されますから、安易に身分をはく奪するべきではありませんが、居直りが得する制度はどうなのでしょう。有罪が確定したら、起訴後に支払われた歳費は利子をつけて返還する制度にすべきではないでしょうか。

 この人を法相に任命した安倍首相の任命責任はどうなったのでしょう。総理を辞職したらすべてうやむやです。菅新総理に河井法相の任命責任はありませんが、自民党総裁として河井案里議員の陣営に提供した1億5千万円の選挙資金について説明する責任は残ります。

at 07:22, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

また自殺者が

 俳優の芦名星さんが自殺したというニュースに驚きました。芦名さんは「相棒」などのドラマで、私にとっては珍しく顔と名前の一致する女優さんでした。朝、ネットで週刊誌のグラビア撮影に臨んだというニュースを見たばかりで、昼にラジオで自殺のニュースを聞いて耳を疑いました。なぜ死を選ぶことになってしまったのか分かりませんが、ご冥福をお祈りいたします。

 5月に恋愛リアリティー番組の出演からSNSでの誹謗中傷を受け木村花さんが自殺されたと報道され、その後、8月に別の恋愛リアリティー番組に出演していた濱崎麻利亜さんの自殺も報道されました。類似の番組での出演者の自殺は世界各国で問題になっているとのことで二人の自殺は番組に起因するのかもしれません。7月には俳優の三浦春馬さんの自殺も報道されていて、芸能人の自殺が続いた印象を受けました。しかし、8月の自殺者は去年に比べて246人(15%)増えたとも報道されていて自殺は芸能人に限らないようです。

 名前が報道されない人にも、名前が報じられた芸能人と同様それぞれに自死を選ばなければならない事情があったのでしょう。その事情は人それぞれ、他人には分かりませんが、それぞれの事情で生きていることの希望が持てなくなって自死に至るのではないかと思います。少しでも多くの人が希望を持って自死を選ばずに済む社会にするのは政治の役割ではないでしょうか。自助を強調する政治では助けを求めている人が希望を持てずに自死に至るケースが増えるのではないか、とても心配です。「自助、共助、公助」と強調した新総裁は自死も自己責任と考えているのでしょうか。

 自死を選ばれた方のご冥福をお祈りいたします。

at 07:36, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

恐怖政治が続く

 森友問題での安倍首相の国会答弁に合わせるため公文書を改竄した問題、担当者の自殺まで引き起こしましたが、志の高い国家公務員は自ら退職し、官邸の意向を忖度する公僕ではない官邸の下僕を生み出したのが官邸による公務員人事権の濫用です。主導していたのは菅官房長官ですから、菅氏が首相になれば、官邸による恐怖政治が持続することになります。

 自民党総裁選で菅氏が圧勝しました。国会議員票はポストを期待して勝馬に乗る心理が働いていたように思いますが、都道府県連の票でも菅氏が圧勝したのは、地方でも首相になった菅氏にいじめられたくないという心理が働いたのでしょうか。国会議員や国家公務員が恐怖により支配される政権では、誰にとっても息苦しいものになるのではないでしょうか。

 頼りなくても野党に期待するしかありません。

at 07:53, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

せっかく収束したのに

 COVID-19の地方での流行がやっと収束してきました。しかし、東京はまだ多くの新規感染者を出し続けています。東京と地方の移動が増えれば再び地方での感染拡大を招くことになるでしょう。緊急事態宣言で外出自粛により地方でのCOVID-19の収束が見られ、多くの県で新規感染者がゼロになりましたが、東京では解除後も感染者の確認が続いていました。地方で第2波と呼ばれる現在の感染拡大を緊急事態宣言解除後すぐに招いてしまったのは、充分収束させていない東京など都市部と地方の移動の自粛をやめてしまったからです。再び、同じことを繰り返そうとしています。時期尚早であったGo To トラベルキャンペーン、批判の高まりから言い訳程度に東京を除いていましたが、東京を入れて全国キャンペーンを展開する意向のようです。せっかく収束させた地方ですぐに次の波に備えなければならないようです。いずれ波はインフルエンザと重なり一段と大変な波になるでしょう。Go To キャンペーンをごり押しした菅氏が次の総理であれば、政府によるCOVID-19の対策は期待できません。

at 07:49, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

IRもリニアも立ち止まって見直しを

 COVID-19による影響かラスベガス・サンズが日本でのIR投資から撤退表明し、IR参入を目指す中国企業からの収賄容疑で秋元司衆議院議員が起訴された汚職事件もあり、日本でのIR開発は進展していません。COVID-19でインバウンド需要が消え観光業は厳しい状況が続いていて、政府はGo To トラベルキャンペーンなどで国内需要を喚起しようとしています。COVID-19が世界的に収束しなければ、IR施設ができてもインバウンド需要による収益は期待できず、日本人のギャンブル依存症予備軍からお金を吸い上げるビジネスモデルになります。もともと中国のマカオにカジノがある中で中国人が日本までカジノを目的に来ることは期待できず、日本のIRはギャンブルで日本人から金を巻き上げるビジネスモデルと言われていました。ワクチンができてCOVID-19が収束しても、いずれ新しい感染症のパンデミックが必ず起こります。カジノはオンラインに移行していくと予想されていて、COVID-19でIRは成長戦略に役立たないことが露呈しました。

 COVID-19の感染拡大を防ぐため都道府県をまたぐ移動の自粛が要請されJR各社の業績は厳しいものとなっています。短時間で広域移動を可能とする新幹線はオンラインに代替され、今後も需要の縮小が予想されます。JR東海が手掛ける新規高速鉄道リニア中央新幹線計画、大井川の水量減少を懸念する静岡県によりトンネル工事の計画が認可されず、開業時期が見通せなくなっています。新幹線の需要回復も見通せない中で、リニア中央新幹線事業を黒字化することが可能でしょうか。新幹線開通により地方の並行在来線が第三セクターになるように、JR東海はリニア中央新幹線が完成したら現在の新幹線を赤字路線として第三セクターの運営とするかもしれません。

 一度立ち止まって、IRもリニアも本当に必要なのか再度検討すべきです。きちんと検討すれば、中止もしくは中断となるはずです。

at 08:10, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

見られなかった最終回

 テレビドラマはテレビではなくネット配信のTVerで見ています。TVerなら通常テレビ放送終了後1週間いつでも見られますから、テレビを録画しなくても放送日や放送時間に拘束されず好きな時に見ることができます。毎日夕食の時間にいろいろな局のドラマを順番に見ていますので、先週の土曜日に放送された「未満警察」の最終回はまだ見ていませんでした。伊勢谷友介さんが大麻所持容疑で逮捕されたニュース、「最終回が放送されてからの逮捕のタイミングは何か力が働いたのか」と言われ、逮捕で番組が放送されなくなる慣習に気が付きました。当然のごとくTVerでの配信もなくなり、ネットで調べると遅れて放送されている地方局での最終回も放送されなかったようです。残念ながら最終回を見逃してしまいました。

 これまでも、TVerで見ようと思っていた新番組が配信されなかったり、見る前に配信が終了していたりしたことがあります。NHKでもネット配信で見ようと思っていた番組が配信されずに見られなかったことがあります。どうしても見たければ、予約録画する手間を省いてはいけないというのが教訓かもしれませんが、多分、そこまではしないでしょう。

at 07:50, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

支持率上昇の怪

 安倍首相の辞任表明後、世論調査で安倍政権の支持率が10%も増加したと言います。辞めると表明したことが評価されたのでしょうか。病気で辞めることに同情が集まったのでしょうか。支持率低下の原因とされたコロナ(COVID-19)対策で新しい政策が出されたわけでもなく、安倍首相が対策にリーダーシップを発揮しているわけでもありません。COVID-19は現場の懸命の努力により収束する傾向が見えますが、SARS-CoV2が消えて無くなったわけではなく、いつ再燃するか分かりません。政治に空白期間を作ってはいけないと自民党総裁選を簡易型にしたのですから、後継総裁すなわち次の首相は衆議院を解散することなく当面コロナ対策に邁進することでしょう。

 自民党総裁選に立候補した3人の中で、世論調査でも菅氏の支持率が高いのも不思議です。支持率が低かった安倍政権の官房長官で政策を受け継ぐというのですから、国民に人気があるとは思いませんでした。自民党国会議員の支持で菅氏が総裁になることがほぼ確定したと報道され、国民の中にも勝馬に乗る雰囲気が出ているのでしょうか。庶民にはどの候補を支持したところで恩恵はありませんが。。。

at 07:42, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

大阪都構想の素朴な疑問

 大阪市を廃止して四つの特別区を編成する大阪都構想、東京都の23区になぞらえた特別区を制定するため大阪都構想と呼んでいるようですが、名目は大阪府と政令指定都市の大阪市による二重行政の無駄を省くためとされているようです。自民党総裁選と同様、当事者でない者に投票権はなく、どうすることもできませんが結果によって何らかの影響を受ける可能性はあります。大阪市の持つ政令指定都市の権限を大阪府に戻すのであれば、なぜ特別区なのでしょうか。大阪市を解体するのであれば、特別区ではなくそれぞれ「市」にしたらいいのではないかと思ってしまいます。大阪市という巨大都市より解体した方が自治体としての運営がしやすいのであれば、なぜ四つの「市」にしないのかというのが素朴な疑問です。

 東京23区という特別扱いも地方分権の時代にそぐわないのではないかと思います。23区もそれぞれ、市に変えて八王子市や西東京市のような東京都内の23の市にすれば良いと思います。人口1000万人弱の巨大都市東京としてイメージされる23区が23の別々の市になれば、それぞれが100万人に満たない市になりますから東京への一極集中が止まるのではないでしょうか。

at 08:01, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -

気になるマウスシールド

 テレビ番組などでフェースシールドやマウスシールドを着けている出演者を見ることが増えました。フェースシールドもマスクも着けずに出演者同士が距離を取って感染防止に努めている番組も多いのですが、演出上接触が避けられない場合に、口元が見えるフェースシールドやマウスシールドを着けているようです。

 Eテレで放送された「植物に学ぶ生存戦略4」、様々な植物の生存戦略を人間社会のシュールな例えで俳優の山田孝之さんが紹介し、聞き手の林田アナウンサーとの絶妙な掛け合いが面白い番組で、最新作では山田さんと林田アナがマウスシールドを着けて出演していました。マウスシールドはマスクと同様、飛沫を飛ばして他人に感染を広げないようにする予防策として着けているものですから、口全体が覆われていなければ殆ど効果はありません。林田アナのマウスシールドはきちんと口の部分を覆っていましたが、山田さんのマウスシールドは下唇のところまでしか届いておらず、山田さんがしゃべるたびに林田アナに飛沫がかからないかと気になってしまいました。撮影中、気が付く人はいなかったのか、残念です。

 マスクも同様ですが、感染防止道具を正しく身に着けることの難しさを感じました。

at 07:24, kameriki, 雑感

comments(0), -, - -